総務省、2019年5月の国内ブロードバンドサービス契約者の総ダウンロードトラヒックは前年同月比17.5%増と発表

総務省は、日本のインターネットにおける通信量(以下、トラヒック)の実態を把握するため、インターネットサービスプロバイダ(以下、ISP)9社、インターネットエクスチェンジ(以下、IX)5団体及び研究者の協力を得て、2019年5月のトラヒックの集計・試算を行い、今回、その結果を公表した。

その結果によると、2019年5月の日本のブロードバンドサービス契約者の総ダウンロードトラヒックは、推定で約12.1Tbpsで1契約1か月当たり約98GB、前年同月比17.5%増となった。ここでのブロードバンドサービスとは、FTTH、DSL、CATV及びFWAだ。

また、ISP 9社、IX 5団体及び研究者は以下の通り。

  • ISP 9社
    • 株式会社インターネットイニシアティブ
    • NTTコミュニケーションズ株式会社
    • 株式会社NTTぷらら
    • 株式会社オプテージ
    • KDDI株式会社
    • 株式会社ジュピターテレコム
    • ソフトバンク株式会社
    • ニフティ株式会社
    • ビッグローブ株式会社
  • IX 5団体
    • インターネットマルチフィード株式会社
    • エクイニクス・ジャパン株式会社
    • 日本インターネットエクスチェンジ株式会社
    • BBIX株式会社
    • WIDE Project
  • 研究者
    • 江﨑浩東京大学教授
    • 加藤朗慶應義塾大学教授
    • 長健二朗インターネットイニシアティブ研究員
    • 福田健介国立情報学研究所准教授
    • 関谷勇司東京大学准教授

出典:総務省ホームページ

Previous

聖路加国際大学とオプティム、「OPTiM AI Camera」活用した手指衛生モニタリング手法の評価を行う共同研究を開始

コンシューマー向けIoTの世界動向から見る日本でのニーズ ー東京インターナショナルギフトショーレポート

Next