マクニカとKudan、モビリティビジネスでの新たな付加価値ソリューション実現に向けて協業

誰もが安心して利用することができる将来の自動運転・モビリティサービスには、高い安全レベルが要求されるが、実現に向けては数多くの技術的課題が存在している。

このような中、株式会社マクニカとKudan株式会社は業務提携を行い、モビリティビジネスでの、新たな付加価値ソリューションの実現に向けて協業を開始する。同協業では、マクニカの持つ半導体やセンサーシステムに関連する技術と、Kudanの人工知覚(Artificial Perception)技術との相乗効果により、センシング技術や、認識/判断/制御技術、自動運転用高精度地図などの技術的課題の早期解決に向け、共同研究開発を行う。

また、マクニカが取り扱う半導体・センサーなどのハードウェアに、Kudanの技術を実装することで、GPS非依存の自律ナビゲーション、超高精度広域HDマップ(3次元地図)生成など、より付加価値の高いモビリティデータソリューションの提供も予定している。

下記は、共同研究開発ソリューションによる商品例である。

  • GPSに頼らずに自律ナビゲーションが可能なセンシング技術の統合及びハードウェアパッケージ商品
    通常GPS信号が正しく受信できない環境では、車両や産業機械は自らが環境の中でどこにいるかわからず、その制御が難しくなる。今回の開発ではカメラや各種センサーのデータを統合的に解析することで、GPSに加えて新たな「機械の眼」を実現する。
  • Kudanが独自に開発したLiDAR+カメラのHybrid SLAM(※)の実装により、世界的に技術課題であった市街地での車両位置認識を可能にする、超高精度な広域HDマップ生成
    従来のHDマップにおける車両位置認識手法はHDマップに標識・信号等の情報を埋め込み、それらをカメラで認識するものだが、同手法は埋め込みの手間・誤認識・環境変化への対応の難しさがあり、高速道路等のごく一部以外に広げることが困難だ。Kudanの技術によって環境全体を認識しながら、車両位置を認識することで、これらの課題を克服するほか、市街地での自動運転に繋がる車両位置認識を可能にし、「機械のための地図(マシーンマップ)」を実現する。
  • AIと統合した新たなモビリティソリューション
    道路標識や走行車の視界における自動車・歩行者の自動認識、また道路上の設置物の認識とその異常を自動検出するなど、人工知能技術を応用したソリューションを実現する。

※Simultaneous localization and mappingの略称。センサー情報から周辺環境マッピングと自己位置認識を同時にリアルタイムで行う技術。Kudanでは、LiDARとカメラの両方のセンサーによるSLAM技術を保有しており、さらにそれらを組み合わせることで高速・高精度なHybrid SLAMを独自開発する。

Previous

電通と電通デジタル、自動車販売店での試乗を自動化・効率化するAI試乗ソリューションを提供開始

KDDI、台風15号の影響に伴い「船舶型基地局」の運用を開始

Next