ヘッドホン一体型のスポーツデバイスとアプリでランニングを楽しくサポートする、ソニーの“Smart B-Trainer™” 、「ソネット パーソナルトレーニング」と連携開始

ヘッドホン一体型のスポーツデバイスとアプリ※1で、ランニングを楽しく効率的にサポートするソニーのSmart B-Trainer(スマートビートレーナー)は、2016年4月下旬より、ソネット株式会社のオンラインパーソナルトレーニングサービス「ソネット パーソナルトレーニング」(以下、ソネトレ)との連携を開始する。

 

Smart B-Trainerとソネトレの連携でより効果的なトレーニングをサポート

Smart B-Trainerは、ランニング時に心拍数や走行ルートなどのログを記録し、心拍数とリアルタイムに連動した音楽再生や音声アドバイスにより、トレーニングを楽しく効率的にサポートする商品だ。

「ソネトレ」は、オンラインでプロの担当トレーナーがユーザーの目的に合わせたオーダーメイドのメニューと丁寧な指導を提供し、自宅にいながらパーソナルトレーニングを行える有料サービス。

今回の連携により、「ソネトレ」の中のランニングメニューを実践する 際にSmart B-Trainerを使用すると、Smart B-Trainerアプリから心拍数や消費カロリーなどのログが自動的に「ソネトレ」のトレーニング記録に転送※2される。「ソネトレ」の担当トレーナーは、筋力トレーニングと合わせてランニングによるトレーニングデータも踏まえ、総合的に指導・アドバイスを行うことが可能となり、より効果的なトレーニングのサポートができるという。

 

Smart B-Trainerはこの連携により、体質改善や筋力アップなど、トータルフィットネスの一部としてランニングを行う方々も含めたより幅広いユーザーをサポートしていく。

 

※1 アプリ『Smart B-Trainer for Running』は、Google PlayおよびApp Storeにて提供。アプリは、Android向けとiOS向けでは機能性や表示などが一部異なる。

※2 心拍トレーニングの記録(平均心拍数・時間・距離・消費カロリー)が自動的に連携される。

 

展示イベント (東京マラソンEXPO2016)

2月25日(木)から27日(土)まで、東京マラソンEXPO2016のソニーブースにおいて、Smart B-Trainerと「ソネトレ」の紹介。Smart B-Trainerの実機を試せる。「ソネトレ」のトレーナーのトークショーも予定。

開催期間:2016年2月25日(木)~27日(土) 11:00~21:00(入場は閉場30分前、最終日は20:00まで)
※ 入場無料
開催場所:東京ビッグサイト西展示棟 東京マラソンEXPO2016 ライフスタイルコンセプトゾーン ソニーブース(ブース番号 R-01)

 

【関連リンク】
ソニー(Sony)
ソネット(So-net)
Smart B-Trainer(スマートビートレーナー)
ソネット パーソナルトレーニング

Previous

日産の自動駐車技術と、自動で元に戻るイス「INTELLIGENT PARKING CHAIR」

日立ハイテクとHYS、毛髪部位計測に対応した小型・携帯型脳活動計測装置 ウェアラブル光トポグラフィ「WOT-HS」を開発

Next