Garmin、筋トレ・ヨガなど40以上の動きを動画で確認できるGPSスマートウォッチ「VENU」「vivoactive 4/4S」発売

ガーミンジャパン株式会社(以下、Garmin)は、「vivo」シリーズから最新タッチスクリーン型GPSスマートウォッチ「VENU」を4種、「vivoactive 4」を2種、「vivoactive 4S」を4種、10月18日から発売すると発表した。なお、10月11日に予約を開始する。

「vivoactive 4/4S」は、「vivoactive 3 Music」の後継機種として機能を継承しつつ、新たにトレーニング機能の動画ワークアウト、ライフログ機能の呼吸数モニタリングや生理周期トラッキングを追加し、より充実した屋内外でのアクティビティのサポートとヘルスモニタリングが可能だ。さらに、「VENU」はこれらの機能に加え、AMOLED(アクティブマトリックス式有機EL)を採用し、より色鮮やかなディスプレイ表示となっている。

具体的な特徴は以下の通り。

  • 動画ワークアウト機能
    筋トレ、カーディオ、ヨガ、ピラティスの40以上のワークアウトの正しいフォームと動きをウォッチ画面に動画で表示する。
  • 呼吸数モニタリング機能
    呼吸数は1日を通して1分間あたりの呼吸数(brpm)を測定。呼吸数を把握することで身体の健康状態のモニタリングに役立てる。
  • 生理周期トラッキング機能
    生理周期の開始日と終了日、身体的および感情的な症状、個人的なメモなど、詳細情報をログに記録する。生理周期の詳細情報をログに記録すると、生理周期と妊娠可能期間の予測、さらにこれらの期間の通知機能が利用できるようになり、記録が増えるほど、予測が正確になっていく。
  • ヘルスモニタリング
    BODY BATTERY、呼吸数や生理周期、ストレス、睡眠、心拍数、水分補給などを追跡しながら、24時間健康状態を確認できる。
  • AMOLED(アクティブマトリックス式有機EL)ディスプレイ:VENUのみ対応
    色鮮やかなディスプレイを採用することにより、動画による筋トレ、カーディオ、ヨガなどの動画ワークアウトも滑らかに鮮明に表示する。
  • 決済機能(Garmin Pay)
    国際標準規格のNFCによる非接触決済に対応する事によりウォッチだけで決済が可能。利用可能なカードは三菱UFJ-VISAデビット(2019年9月26日現在)。
  • 音楽機能
    Spotify、LINE MUSIC、AWA、Amazon Music等の音楽アプリ、また PC等から最大500曲の音楽データ保存が可能。Bluetooth対応のイヤホンやスピーカーとペアリングして音楽を聴くことができる。
  • 最大5日間の長時間バッテリー
    スマートウォッチモードでは、最大5日の長時間バッテリーが持続する。

販売価格は、「VENU」が49,800円(税別)、「vivoactive 4/4S」が42,800円(税別)だ。

Previous

東陽テクニカ、XenomatiXの周辺環境計測システム「XenoLidar Intercity」を販売開始

エイクロス、荷主と運送会社をつなぐ配送マッチングサービス「トラクルGO」開始

Next