NTTコミュニケーションズ、サブスクリプションビジネスに必要な機能を提供するSaaS「Subsphere」提供開始

近年、消費者のニーズは「所有から利用」へ変化していると言われており、それに伴ってサブスクリプションビジネスが注目されている。サブスクリプションビジネスは、商品やサービスを販売するだけの売り切り型のビジネスとは異なり、顧客との継続的なエンゲージメントを獲得することができる。

このため、商品やサービスに対する顧客の反応をデジタルデータとして継続的に取得し、利活用することができ、デジタルトランスフォーメーション(以下、DX)を実現する手段としても有用と考えられている。

NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)では、データによる企業のDXに必要なすべての機能をワンストップで提供する「Smart Data Platform」を中核として、データ利活用ビジネスを推進している。

この実績とノウハウを活かし、サブスクリプションビジネスのスピーディーな実現とそれによるDXを支援するため、サブスクリプションビジネスを始める事業者向けに、サービスの運用に必要な機能を一元的に提供するSaaS「Subsphere(サブスフィア)」を、本日から開始した。

同サービスは、「Smart Data Platform」との連携によってデータ利活用を実現するアプリケーション群「Apps on SDPF」の1つであり、サブスクリプションビジネスを行うために必須となる顧客管理、契約管理や課金・請求管理などの基本機能を備え、手間なくスピーディーにビジネスを開始することができる。

また、目的に合わせて「TypeA (powered by Smart Billing)」「TypeB(powered by Bplats)」の2種類から選択することができる。

  • 「TypeA」
    サブスクリプションビジネスを行うために必須となる基本機能に加え、複雑な料金設定や既存システムとの連携機能も提供する。顧客のデータベースなどの基幹システムをそのまま使いながら、既存のサービスをサブスクリプション化したい場合などに利用。

    • 複雑なプライシングに対応
      定額制や従量制、あるいはその組み合わせなど、複雑なプライシングやその変更が可能です。通信サービスの提供で培ったNTTグループのノウハウを活かし、キャンペーン割引や、料金の請求先を分割するといったさまざまなニーズに対応できる。
    • 既存システムとの連携が容易
      APIやCSVファイルによる連携機能を標準で備えているため、既存システムの活用が容易だ。(※)
  • 「TypeB」
    サブスクリプションビジネスを行うために必須となる基本機能を提供する。また、オンラインストアや会員向けページなどの顧客接点を立ち上げることが可能な「フロント機能」、仕入先や販売パートナーとのデータ連携を可能にする「商流管理機能」を備えている。

    新規にビジネスを立ち上げるため、仕入先や販売パートナーなどのサプライチェーン構築や、オンラインストアや会員向けページなどの販売チャネルの作成も必要な場合などに利用。

なお、同サービスでは、利用するサーバーを日本国内のみに限定している。これにより、法制度上の理由などから国内でデータを保管する必要があるケースに対応できるほか、海外のサーバーを利用するサービスに比べて、接続の遅延を抑えることも可能だ。

利用料金(税抜)は以下の通り。

  • TypeA
    初期費用:400万円~
    月額料金:20万円~
  • TypeB
    初期費用:150万円~
    月額料金:15万円~

今後、NTTグループのサービスやソリューションを組み合わせることで、同サービスの機能強化を図る。例えば、同サービスとNTT ComのIoTプラットフォーム「Things Cloud」を連携させ、モノの稼働状況を把握する機能や、稼働状況に応じた柔軟なプライシング機能の開発などを行う。

この機能により、例えばIoT機器をサブスクリプション型で提供するビジネスで、エンドユーザーの利用頻度を把握して、それに応じた従量課金にする、といったことが可能になる。その他にも、決済手段の高度化などさまざまな機能強化を図る予定だ。

※「TypeB」ではオプション機能として提供。

Previous

アクロクエストテクノロジー、Elastic APMを活用した「ホワイトボックス型アプリケーション性能診断サービス」の提供開始

パイオニア、自動運転関連の事業会社「パイオニア スマートセンシングイノベーションズ株式会社」を設立

Next