ニュアンスから独立したCerence Inc.、AIなどを活用した自動車向けソフトウェアを提供する新会社として稼働

近年、自動車業界では、CASEであるコネクテッド化、自動化、共有化、電動化が進んでいる。

このような中、ニュアンス・コミュニケーションズ(以下、ニュアンス)より正式に独立したCerence Inc.(以下、セレンス)は、次世代の自動車向けソフトウェアを提供する新会社とし10月1日に稼動を開始した。セレンスは、主に、音声、タッチ、ジェスチャー、感情、および視線に関する技術を統合し、ドライバーと自動車、それらを取り巻くデジタル世界とのより深いつながりを創出する。

セレンスでは、AIを活用したモビリティ・アシスタント・ソリューションを構築している。ニュアンスが有するオートモーティブ部門としての20年の歴史をもとに、現在、世界でおよそ3億台の自動車に搭載され、70以上の言語をサポートし、アウディ、BMW、ダイムラー、フォード、吉利汽車、GM、上海汽車、トヨタなどの世界の主要な自動車メーカーの採用実績を持つ。

また、世界の主要自動車メーカーと提携し、自動車がドライバーを認知し、反応し、そして学習するインテリジェントな没入型車内エクスペリエンスをカスタムビルドする。

セレンスは、サードパーティのバーチャル・アシスタント、および自動車メーカーブランドのインターフェイスと、オープンで中立的なプラットフォームを組み合わせたソリューションを提供するとした。

Previous

Agoop、人の流れを地図やグラフなどで可視化するサービス「Kompreno」の無料公開版を提供開始

ソニー、産業機器向け裏面照射型画素構造のグローバルシャッター機能を搭載した積層型CMOSイメージセンサー6種を販売

Next