日立グループ、AI画像解析技術を活用した「高速人物発見・追跡ソリューション」を販売開始

近年、世界的なセキュリティ意識の高まりから、防犯カメラによる監視や警備の需要が拡大している。日本では、今後開催される多くの国際的イベントに向けて、駅・空港・商業施設・公共機関・オフィスビル・イベント会場などでの、事件や事故の対策として、多数の防犯カメラを用いる大規模なセキュリティシステムのニーズが増加している。

それに伴い、監視・警備業務の負担が増加しているのに加え、人手不足の影響もあり、監視・警備の高度化と業務効率化が期待されている。

そこで、株式会社日立製作所(以下、日立)および株式会社日立産業制御ソリューションズ(以下、日立産業制御)は、日立が開発したAI画像解析技術を活用して、防犯カメラなどの映像に映る人物の中から、性別、年齢層、服装などの全身特徴を使って特定人物を高速に発見・追跡することが可能な「高速人物発見・追跡ソリューション」を日立産業制御が製品化し、10月7日から販売を開始する。

同ソリューションは、防犯カメラで撮影された人物の数万人規模の映像解析データ(※1)に対して1秒以内で特定人物を高速に検索・発見し、防犯カメラの位置情報や撮影時刻から、特定人物の足取りを経路として表示することが可能だ。

後ろ姿など防犯カメラの映像から顔を識別できない場合でも、100項目以上の全身特徴を高速に判別してデータベース化することにより、高速類似ベクトル検索機能(※2)を用いて、数万人規模のデータの中からでも1秒以内に特定人物を発見・追跡が可能だ。駅や空港、商業施設での不審者や迷子の早期発見のほか、警察や自治体などの公共機関で、防犯カメラ映像の目視による監視や記録映像の確認といった業務の負荷軽減・効率化と警備の高度化を支援する。

同ソリューションは、日立産業制御が提供する「フィジカルセキュリティ統合プラットフォーム」上に、「高速人物発見・追跡機能」を実装することで実現している。「フィジカルセキュリティ統合プラットフォーム」は、多様なツール群や機能をプラグインすることで容易に機能拡張できるシステム基盤であり、画像解析を含む多くの機能や各種センサーを「高速人物発見・追跡機能」と組み合わせることで、多彩なソリューションの提供が可能だ。

例えば、「エリア侵入検知」や「荷物置き去り検知」といった各種検知機能と組み合わせることで、特定のインシデントの検知から特定人物の発見・追跡まで、監視業務を一元的に支援し、より効率的で高度なセキュリティソリューションを提供する。

また、同ソリューションは、セキュリティ分野だけではなく、工場や物流現場における作業者や商業施設、公共施設における来場者の行動分析など、産業分野や小売・流通分野、公共分野などさまざまな分野への応用が期待できる。なお、日立は、海外向けにはHitachi Vantaraを中心に、同製品を活用したソリューションを提供する。

※1 映像から全身特徴を高速に判別、データベース化したもの。
※2 日立が開発した、類似データをグループ化して管理しておくことで、高速読み出しが可能な画像検索技術。

Previous

京都電子計算と舞鶴市、AI手書き文字認識サービス「エッジAIオプション」の実地検証を実施

スカイディスク、超音波による傷検査にAIを適応したソリューションを開発

Next