Edgecrossコンソーシアム、「Edgecross」基本ソフトウェア体験版のリリースを発表

一般社団法人Edgecrossコンソーシアムは、ユーザ企業のEdgecross(※1)活用や同コンソーシアム会員企業の各種Edgecross認定製品開発の加速を目的に、Edgecross基本ソフトウェア体験版を本年10月24日よりリリースする。

同体験版は、Edgecrossマーケットプレイス(※2)より入手できる。

また、複数の会員企業にて、同体験版をEdgecross推奨産業用PCやPoCキット等へのプリインストール・バンドルを計画している。

同コンソーシアムはこれにより、Edgecrossの利便性の向上、製造業のIoT化の促進が期待されるとしている。

また、同体験版の機能は製品版と同じものであり、起動可能期間は初回起動から30日(30日経過後、起動不可)。連続稼働時間は起動後24時間(PC再起動で再稼働可)となっている。
 
また、同コンソーシアムの幹事会社は、アドバンテック株式会社、オムロン株式会社、日本電気株式会社、日本アイ・ビー・エム株式会社、日本オラクル株式会社、株式会社日立製作所、三菱電機株式会社の7社だ。

※1 企業・産業の枠を超え、コンソーシアム会員が共に構築し、FAとITの協調を実現するオープンなエッジコンピューティング領域のソフトウェアプラットフォーム
※2 Edgecrossコンソーシアムが運営する売り手と買い手が参加できるインターネット上の取引市場(https://www.marketplace.edgecross.org) 

Previous

日立と日立ビルシステム、人流予測型エレベーター運行管理システム「FI-700」を開発

オプティムとエンルート、AI・IoT・ドローンを活用したスマート農業分野で協業

Next