総務省、「みんなで考える情報通信白書2016」でSNSを活用し国民からの意見募集開始

総務省は、情報通信分野についての関心を高めるとともに、総務省の情報通信政策に対する国民の理解を深めるため、ソーシャルネットワーキングサービス(以下「SNS」)を活用し、国民からの幅広い意見を募集する。

 

「情報通信に関する現状報告」(以下「情報通信白書」)は、日本の情報通信の現況及び情報通信政策の動向について、国民の理解を得ることを目的として、総務省が昭和48年から毎年作成されている。

平成28年版情報通信白書についても、昨年に引き続き、SNSを活用して国民から幅広く意見を募集し、編纂に反映させることにより、「読者参加型」の白書とし、国民に情報通信をより身近に感じてもらうとともに、情報通信についての関心を高める契機にするという。

 

SNSであるFacebookに同企画のサイトを開設し「IoT・ビッグデータ・AI時代のボーダーレスコミュニケーションの進展」をテーマに、国民から幅広く意見を募集する。

また、幅広い世代から意見募集を行うために、昨年に引き続きシニア向けコミュニティサイト「メロウ倶楽部」においても個別テーマを設定し意見募集を行い、テーマに関連したアンケートも合わせて行う。

意見募集の状況については、Twitter及びLINEアカウント上でも適宜情報を発信し、結果については、企画終了後に取りまとめた上で、平成28年版情報通信白書の編纂に反映させる予定だという。

 

意見募集は、平成28年2月26日(金)にサイトを開設、4月下旬までを予定。(メロウ倶楽部に関しては3月4日(金)に読者参加企画用の期間限定会議室を開設予定。)

 

Facebook アカウント名:みんなで考える情報通信白書(MINNAdeICThakusho)
メロウ倶楽部
twitter アカウント名:みんなで考える情報通信白書(@ict_hakusho)
・LINE アカウント名:みんなで考える情報通信白書(@ict_hakusho)

 

【関連リンク】
総務省

Previous

IBMとみずほ銀行、Watsonとロボットの融合による新たなおもてなしへの挑戦

10分で振り返る、今週のIoTNEWS人気記事 [2/20 – 2/26]

Next