ISIDとグローバルウォーカーズがアノテーション事業で資本・業務提携、企業のAI活用を支援

近年、企業ではデジタルトランスフォーメーションの進展に伴い、様々な業務領域でAIの利活用が進んでいる。AIの1つである機械学習は、膨大なデータから共通のルールやパターンを自動的に学習して、予測や判断をできるようにする方法だ。なかでも、教師あり学習の場合は、適用する業務の特性を熟知した人間がどのようなデータを与えるかを定義した上で、適切な意味付けがなされた教師データを大量に作成しAIモデルに学習させるプロセスが不可欠である。

また機械学習の仕組みが構築された後も、日々蓄積される新たなデータに適切な情報を付加していく作業が欠かせない。この教師データ作成や追加のプロセスは「アノテーション」と呼ばれ、機械学習の精度に大きく影響する。しかし、業務に応じた適切な教師データを大量に作成するための人的リソースや管理運用体制を企業が自社で構築することは難しく、AIを活用する上で大きな課題となっている。

株式会社電通国際情報サービス(以下、ISID)では、専門特化した業務ノウハウとシステム構築力を強みとして、製造業や金融業など、幅広い顧客企業の業務革新を支援するソリューションを提供してきた。2016年にはAIの専任組織を設置し、業務ごとの特性に応じた最適なAIアルゴリズムの開発や適用を支援している。

グローバルウォーカーズ株式会社では、アノテーションを効率的かつ高品質に行うための独自のプラットフォームを構築し、オフショアのAIデータ工場を活用して多くの企業にアノテーションサービスを提供している。

今回、グローバルウォーカーズの株式を第三者割当増資によりISIDが取得することで、両社は、AI領域におけるアノテーション事業で資本・業務提携を行った。今後両社は、ISIDが培ってきた多彩な業種の顧客企業におけるAI導入支援の知見と、グローバルウォーカーズが有するアノテーションサービスのノウハウを組み合わせ、企業でのAI活用を支援する。

Previous

Micron、包括的なAI開発プラットフォームを発表

HmcommがNTTPCコミュニケーションズのInnovation LABに「FAST-D POC Lab」を設立、異音検知プラットフォームの本格展開へ

Next