モービルアイ、先進運転支援システム(ADAS)の後付製品として、欧州安全基準に適合

ジャパン・トゥエンティワン株式会社(略称J21)がマスターディストリビューターとして販売しているモービルアイ社の後付け衝突防止補助システム「モービルアイ」が、先進運転支援システム(ADAS)の後付製品として、自動車の国際安全基準であるUN-ECE協定規則130号「車線逸脱警報装置」(※1)の認証試験をクリアした(※2)。

これにより自動車メーカーが製造ラインで搭載する同種の装置と同等の性能であることが証明されました。

さらに、モービルアイ社およびJ21では、「前方車両衝突警報装置」についても基準取得を計画している。この基準についてはECE基準にもまだ制定がないため、前方車両衝突警報としての基準であるISO規格(※3)の取得を次なる目標としている。

J21では2011年の発売以来、モービルアイ社の単眼カメラを搭載した後付け衝突防止補助システムをバス、トラックなどの運輸・運送事業者、大口の社用車ユーザーを中心に約5万台を出荷してきた。貸切、高速バスにおいては、全体の10%にあたる約4,400台に導入されている(※4)。全ての商用車・社用車ユーザーの衝突事故を減らすことができるよう、これからも注力していく。

 

※1 UN-ECE(協定規則)
1958年に締結された国連の多国間協定。自動車の装置ごとの安全や環境に関する統一基準を設定し国際的な相互承認を推進することにより、安全で環境性能の高い自動車を普及するとともに、自動車の国際流通の円滑化を図ることを目的としている。
近年車両の運行に伴う安全装置の一部としてADASが注目され、ECE基準でも130号(車線逸脱警報装置)、131号(大型車の衝突被害軽減ブレーキ)が制定されている。130号は、車両が道路上の白線などの車線ラインを方向指示器を出さない状態で逸脱した場合に、運転者に警報する基準だ。試験では特定の車両に搭載して、世界各国の道路での車線認識と車線逸脱検知のテストを行う。これにより居眠り・運転者の不具合時に、車線逸脱を運転者に警報し、事故を未然に防止する機能だ。
日本でも、国土交通省の自動車基準である「道路運送車両の保安基準(昭和26年運輸省令第67号)」で、平成27年8月1日からバスおよび大型トラックに備える車線逸脱警報装置について、車線からの逸脱の検知および警報に係る性能等に関し新たに基準を定めている。

※2 UN-ECE試験実施内容
今回のモービルアイでのECE基準130号の基準テストは以下の通り。
①試験機関:オランダ・TASS International (オランダ政府のTNO応用科学研究機構の自動車試験部門が独立)
②テストナンバー:F156275
③受験車両:N1カテゴリー
④試験結果:適合
⑤ECE基準130号での対象範囲:乗客定員10人以上のバス・車両総重量3.5トン以上のトラック

※3 ISO規格
ISO/DIS 15623,<日本工業規格JIS D 0802:自動車―前方車両衝突警報装置―性能要求事項及び試験手順>

※4 バス事業者での導入例(敬称略・順不同)
富士急行グループ・JRバス各社(中国・西日本・東海・関東・東北)・阪急阪神バスグループ・小田急バス・京成バス・西鉄バスグループ・名鉄バス・小田急シティバス・平成エンタープライズ・桜交通・いわさきコーポレーショングループ・富山地方鉄道・那覇バス・琉球バス交通・近鉄バス・南海バス・静鉄ジャストライン・大阪空港交通・北鉄奥能登バス・東海バス・神姫バス・九州産交バス・三重交通 他

 

【関連リンク】
ジャパン・トゥエンティワン(J21)
モービルアイ(Mobileye)

Previous

M-SOLUTIONSとパソナテック、Pepperのロボアプリ開発で協業

セキド、アメリカで話題のウェアラブルカメラPivothead(ピボッドヘッド)の日本公式サイトをオープン

Next