川崎重工とオプティム、AI・IoTを活用した精密機械・ロボット分野で業務提携

近年、少子高齢化による人手不足やデータ通信技術の発達などを背景に、AIやICT/IoTを活用した製品・サービスの需要が拡大している。このような中、川崎重工業株式会社(以下、川崎重工)と株式会社オプティムは、業務提携に関する覚書を締結した。

川崎重工は精密機械・ロボット分野で、50年以上蓄積した知見やグローバルなサービスネットワークを有しており、オプティムはAI・IoTプラットフォーム「OPTiM Cloud IoT OS」などのAI・IoTサービスや技術、実用化ノウハウを有している。

今回の提携により、両社は、精密機械・ロボットをネットワークに接続し、得られる情報をAIが解析するプラットフォームを構築することで、精密機械・ロボット分野におけるAI・IoT技術を生かした、新たなビジネスソリューションの早期開発・事業化とグローバル展開を目指す。

オプティムは、川崎重工の精密機械・ロボットカンパニーの製品向けにオープンプラットフォーム型のAI開発のベースを提供するとともに、オープンプラットフォーム上の個別のAI開発案件にも関わるとした。

Previous

東芝、IoTサービスをオープンに共創する「ifLinkオープンコミュニティ」を設立

IDC、デジタルエコノミーに関する取り組みを開始

Next