GEヘルスケア・ジャパンと慶應義塾大学、AIデータサイエンティストを育成する産学医工連携プロジェクト始動

近年、AI、IoT、ビッグデータ解析などの技術進展を活用したデジタルトランスフォーメーションがさまざまな分野で進められている。このような中、集積されたデータを分析しその結果を各分野で活用していくために重要な役割を担うAIデータサイエンティストへのニーズはますます高まっているが、日本で必要とされるAIデータサイエンティストは不足しているのが現状だ。

この課題に取り組むべく、GEヘルスケア・ジャパン株式会社と慶應義塾大学医学部、理工学部(以下、慶應義塾大学)は、AIデータサイエンティスト育成のための連携協定を締結し、AIサイエンティストの育成と研究促進を相互に支援しあう産学医工連携のプロジェクトを始動する。

同プロジェクトは、慶應義塾大学医学部および理工学部に在籍する学生が集まるプロジェクトルームを慶應義塾大学病院内に設置し、AI研究開発のためのITインフラを整備する。

「AI×画像診断」「AI×メディカル」において世界をリードするAIデータサイエンティストを創出するための教育、トレーニングの仕組みを取り入れ、研究のスピードと質の向上、論文・学会発表を促進する連携推進プロジェクトチームの発足、新しいアルゴリズムの製品応用および社会実装を実現する。臨床的な意義と工学的な価値を掛け合わせる産学医工連携の活動を通して、医療分野でAIの社会実装の加速に貢献するとした。

Previous

ISIDと東京大学が金融分野へのABM応用に向けた共同研究を開始、人工市場のシミュレーション環境をクラウド上に構築

京都大学とNTT、IOWN構想が実現する世界に向けてテクノロジーの進化と人が調和する新たな世界観を構築するプロジェクトを発足

Next