エイムネクスト、部品・製品の識別や簡易検査を実現するAIソリューションを提供

近年、少子高齢化や製造拠点の海外への移転が進む中、製造現場では、ものづくりを熟知したベテランの作業員の確保が難しくなりつつある。

このような中、エイムネクスト株式会社は、ベテラン作業員に依存せず、生産性や品質を確保したものづくりを推進していくためのサポートツールの1つとして、製造業向けにAIを活用した部品・製品の識別、簡易検査を実現するAIソリューション「Ai²(エーアイスクウェア)」の提供を開始した。

同ソリューションを利用することで、現品票がない部品(伝票などを添付しづらい部品)の識別が、その場で簡単に行えるようになり、誤部品の組付け防止や部品特定の為の作業削減につながる。また、部品現品から必要な関連情報の取得が可能となる。

ハンディか固定かなどの利用形態と、性能に対する顧客ニーズ(精度、スピード、識別の難易度等)に合わせて、「ハードウェア」「ニューラルネットワーク」「学習方法」等を最適化して提供される。

Previous

NECと大阪大学、混雑状況によりスーパーコンピュータ「OCTOPUS」の負荷をMicrosoft Azureに移す技術を実装

ウフル、ブロックチェーン活用の地域来訪者コミュニティアプリをアソビシステムと共同開発

Next