レンジャーシステムズ、AIカメラ活用の車番認識システム「mono AI-LPR」をブレインズと共同開発

レンジャーシステムズ株式会社は、AIや画像音声処理技術をもとに各種製品開発を行っている株式会社ブレインズと共同で、高解像度カメラを搭載し、エッジ上で画像解析を実現するAIカメラ「mono AI」で動作する車番(ナンバープレート)認識システム「mono AI-LPR」を開発した。

「mono AI」は、LTE Cat.M1通信機能を搭載したカメラで、内部でAI処理を実現する画像系エッジコンピューティングに適している。「mono AI-LPR」は、電源を入れるだけの簡単設置で車番認識機能を実現する。防塵・防水性能はIP65レベルに対応しており、さまざまな環境で利用できる。

さらに、監視・リモート設定・ソフトウェア更新やAIモデルの管理等の機能を持つ「mono AIクラウド」と併せて提供され、「mono AIクラウド」のAPIから各種システムとの連携が可能だ。

Previous

KDDI・JA西都ほか4者、セルラーLPWAを用いたIoT重油燃料監視システムの提供開始

オプテージ、「ローカル5G」事業参入へ

Next