花王とPreferred Networksが協働プロジェクト開始、皮脂RNAとAIを活用した美容カウンセリングサービスを構築

花王株式会社と株式会社Preferred Networks(以下、PFN)は、花王が開発した皮脂RNA(リボ核酸)モニタリング技術の実用化に向けて、協働プロジェクト「Kao×PFN 皮脂RNAプロジェクト」を開始する。皮脂RNAモニタリング技術とは、日々変動する体内状態を反映するRNAを皮脂から単離し、分析する技術である。あぶらとりフィルムで皮脂を採取するという非侵襲性(体に負担の少ない)の試験で約13000種類のRNA出現量を得ることができる。

協働プロジェクトの第1弾として、皮脂RNAから得られたデータに機械学習・ディープラーニングなどのAI技術を応用し、将来の肌状態にコミットする美容カウンセリングサービスの構築を目指す。

具体的には、花王の皮脂RNAモニタリング技術で得られた情報にPFNの機械学習・ディープラーニング技術を用いて、高度な予測アルゴリズムを開発する。これにより、これまでの肌測定・解析技術では把握できなかった肌内部の状態を知ることができ、将来の肌状態の予測も可能になる。また、遺伝情報をもとにパーソナライズされた美容アドバイスやスキンケアを提供し、肌状態の改善や予防にも貢献する。

2020年から一部機能のテスト運用を開始し、精度の向上と改良を進めていく予定だ。今後、高齢化の進展とともに増加しているパーキンソン病などの難治性疾患の早期診断技術の共同研究も予定しているとした。

Previous

IBM、マルチクラウドで脅威ハンティングを実現するプラットフォーム「IBM Cloud Pak for Security」を提供開始

SB C&Sとホロラボ、3D CADやBIMをAR/MR向けに自動変換する「mixpace」のiPad対応版を提供開始

Next