J:COMのホームIoTサービス、スマートロックを提供

株式会社ジュピターテレコム(以下、J:COM)は、スマートフォンを使って遠隔で家電操作などを可能にするホームIoTサービス「J:COM HOME」を展開している。

今回、同サービスに、カギを使わず、暗証番号、ICカードで玄関ドアの開閉を可能にするスマートロックが加わる。また、J:COM HOMEアプリを利用することで、スマートフォンで玄関ドアを開閉することができ、遠隔で開閉や開閉状態を確認することも可能だ。特長は以下の通り。

  • 暗証番号やICカードアプリで開閉ができ、従来のカギが不要
  • J:COM HOMEアプリを利用することで、遠隔操作が可能
  • スマートフォンでカギの開閉ができる
  • 遠隔で開閉と開閉状態の確認ができる
  • ゲストキーを発行できる(一時的な暗証番号の発行)
  • 玄関ドアの閉め忘れ防止ができる
  • 入退去時に発生するカギの交換が不要

「J:COM HOME」のスマートロックは、2020年春から順次、集合住宅向けに提供を開始する予定だ。

Previous

ミツウロコCSとNEC、LPガスの配送業務効率化に向けた実証実験において配送回数・平均配送業務時間が約3割削減したと発表

LINE、LINEを活用したデジタル販促のコア機能をオープン化したAPIを提供開始

Next