UBMジャパン、最新のテクノロジーが変えるヘルスケア産業に特化したイベント「ヘルスケアIT 2016(第1回)」開催

国内外で多数のヘルスケア分野のイベント、コンファンレスを主催しているUBMグループの日本オフィス、UBMジャパンは、医薬品、医療機器関連イベントを中心に毎年4月に開催している『ライフサイエンスウィーク』にIT部門を新設し、『ヘルスケアIT 2016』として、2016年4月20日から22日までの3日間、東京ビッグサイトにて開催する。

『ヘルスケアIT 2016』は、ビッグデータ、人工知能の活用による創薬からリアルワールドデータの活用による開発、デジタルテクノロジーを駆使した営業、マーケティング戦略まで次世代を担う最新のテクノロジーが一堂に集結するヘルスケア産業に特化した本格的ITイベントだ。

 

製薬業界では近年、コンピューター技術の進化に伴い、創薬、開発から営業、マーケティングまで様々な部門でこれまで以上にITの活用が進んでおり、今後、その効果や動向が注目されている。

同展では、このような業界のニーズを背景に創薬から開発、製造、流通、営業、マーケティング等に至るまで医薬品メーカー、CRO、医薬品卸などを中心とした製薬業界企業に向けて最新のIT技術、製品、サービスを展示、セミナーで紹介する。

また、セミナープログラムでは、医師、コンサルタント、アカデミア、製薬メーカーなどからキーパーソンを招き、様々な立場からIT活用における実態や今後の展開などを講演するという。

展示会は招待券の持参又はWEBからの事前登録により入場が無料、セミナーはWEBからの事前申し込みにより入場が無料となる。

 

開催概要

【名称】ヘルスケアIT  2016 (第1回)
【会期】2016年4月20日(水)〜22日(金)
【会場】東京ビッグサイト 東1ホール
【主催】UBMジャパン株式会社
【WEB事前登録】ヘルスケアITのホームページより
 

展示会

医薬品分野における経験、導入事例を多数持つ業界を代表するITベンダー、SIerが集結。医薬品の研究、開発、製造、流通、営業、マーケティングまで医薬品産業に携わる方は必見のITソリューション、製品、サービスが出展。

・入場方法:招待券持参又はWEB事前登録により無料
・出展社リストはこちら
 

基調・特別講演

市場や研究開発のグローバル化、新薬開発の問題、ジェネリック医薬品市場の拡大、再生医療・医薬など医療・医薬品産業における環境が一定のスピードで変化し続ける中、”製薬企業が目指すべき未来”を製薬メーカー、コンサルタントなど業界のキーパーソンを多数、お招きして約30の基調・特別講演を3日間にわたり開催。

・詳細・申し込み:WEB事前登録により無料
 

ITソリューションセミナー

製薬業界向けのITソリューション、サービスを製薬業界において豊富な経験を持つ業界のリーディングカンパニーが次世代のITソリューション、サービスを紹介。
様々な部門におけるデジタル戦略に役立つ情報が満載の注目のセミナー。

・詳細・申し込み:WEB事前登録により無料

 

【関連リンク】
UBMジャパン(UBM Japan)
ヘルスケアIT(Health Care IT)

Previous

植物から音楽を奏でる先端テクノロジーを体験! Singing Natureメンバーインタビュー

ISID、製造業のフィールド業務分野で米サービスマックスと提携

Next