NTTドコモ、スマートフォンでドアの開閉ができる「バーチャルキー」活用のカーシェアサービス実証実験をタイで実施

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、仏自動車部品・システムサプライヤーのヴァレオグループと共同で、バーチャルキーソリューションを日本およびアジア市場向けに開発している。

同ソリューションでは、車両に専用の通信型車載器を取り付けることで、モバイルアプリから予約した車両用のバーチャルキーをスマートフォンに配信し、ドアの開閉を実現する。これより、従来のように物理キーの受け渡しをすることなく非対面で車両の貸し出しが可能になる。予約や車両の状況は、車両管理者が、専用のポータルサイト上で管理を行い、運用の効率化が図れる。

ドコモは同ソリューションを、ドコモのタイ連結子会社であるMOBILE INNOVATION CO.,LTD.(以下、MI)と連携して、タイのオートリース車両を活用した法人会員限定カーシェアサービス「TN Car Sharing」に提供し、無人貸し渡しカーシェアサービスに関する実証実験を2019年12月1日から2020年1月31日まで行う。

「TN Car Sharing」は、タイでオートリース事業を展開する東京センチュリー株式会社の海外連結子会社TC CAR SOLUTIONS(THAILAND)CO.,LTD.(以下、TCCS)と、日本駐車場開発株式会社のタイ法人NIPPON PARKING DEVELOPMENT(THAILAND)CO.,LTD(以下、NPDタイ)がタイで共同展開しているサービスだ。

現在、「TN Car Sharing」では、予約受け付けから鍵の貸し出しまで有人で運用している。今回、既存のカーシェアサービスを無人化する同実証実験を通じて、非対面によるカーシェアの顧客価値やバーチャルキーの運用課題を把握し、デジタル化による運用の効率化について検証を行う。また検証結果を基に、タイでの商用化をめざすとともに日本国内への波及効果の検討を行うとした。

なお、ドコモは同実証実験をIoTのグローバル展開を支援する法人向けサービス「Globiot」の一環として行う。

Previous

NTTドコモなど、LTE-M活用の定置網モニタリングシステム「魚っち V」を提供

商店街振興のためにサッカーチームと取り組んだMaaS実証実験 ―akippaインタビュー

Next