血圧測定可能なスマートウォッチが登場、オムロンが「HeartGuide」を発売

日本人の死因で、1位の「がん」に続く2位の「心疾患」(心筋梗塞や心不全など)、3位の「脳血管疾患」(脳梗塞や脳出血など)は、高血圧が起因すると言われている。

また、日中の血圧変動は、心筋梗塞や、脳卒中などの、脳・心血管疾患の発症リスクがある。

しかし、既存の血圧計は、持ち運びもできないため、日中のリスクを軽減することはできなかった。そこで、オムロン ヘルスケア株式会社は、腕時計サイズで手首での血圧測定を実現した「オムロン ウェアラブル血圧計 HCR-6900Tシリーズ(以下、HeartGuide)」を2019年12月3日に発売する。

オムロン、腕時計型のウェアラブル血圧計「HeartGuide」発売

この腕時計型の血圧計は、CES2019でも発表されていたもので、筆者も注目をしていた。

腕時計タイプのスマートウォッチは多くあるが、血圧を測るのは困難だ。しかも、正確に血圧を測定するためには動脈をしっかりと圧迫することが重要だ。

また、専用のアプリで測定データを管理できるので、血圧に加え、歩数や歩行距離などの活動データ、睡眠時間なども測定することができるという。

HeartGuideは、独自の開発により医療機器としての薬事認証を取得している。販売価格は、79,800円(税抜き)だ。

Previous

活用されだしたRFID、そのコストや課題とは

テクノロジーでごみ問題を解決しスマートシティへ

Next