アイシン精機、CASE対応に向けてAI技術の開発拠点を福岡市に新設

アイシン精機株式会社は、2014年に画像認識や空間認識、車両制御などの要素技術開発を行う目的で、北九州学術研究都市技術開発交流センター内に九州開発センターを設立した。その後、2015年に東京都港区に台場開発センターを開設し、AIによるアルゴリズム開発とそれを実現するハードウェアの開発を行ってきた。

現在「100年に一度の大変革期」を迎える自動車業界では、技術トレンドであるCASEへの対応に向けて、IT企業も参入し、熾烈な開発競争となっている。そこで、同社は、CASE対応に不可欠であるAI技術の開発体制を強化するため、優秀な人材の確保と開発環境の向上をねらい、2020年5月に福岡県福岡市に九州開発センター 博多ラボを新設する。

九州開発センター 博多ラボでは、AIを活用した画像解析により車両の周辺監視や乗員状態推定を行うソフトウェアの開発を行う。また、既存の九州開発センターでは、光や電波で物体検知を行うセンサーをはじめとしたハードウェアの要素技術開発や、実車実験ができる環境を活かして実車を使った評価試験を行う。

Previous

村田製作所、0201Mサイズで最大静電容量0.1μFの積層セラミックコンデンサ「GRM011R60J104M」を開発

SOUSEI Technology、スマートホーム推進のための企業ネットワーク「HOME OS アライアンス」を設立

Next