パナソニックと西川、個人の眠りにあわせて家電制御が可能な「快眠環境サポートサービス」を共同開発

近年、「働き方改革」や「休み方改革」の広まりもあり、休憩・休息の重要性が注目されている。

パナソニック株式会社と西川株式会社は、パナソニックの家電と西川のマットレスを連携させて、睡眠の結果を可視化し、1人ひとりにあったアドバイスで、よりよい睡眠環境を提供する「快眠環境サポートサービス」を共同開発し、2020年3月18日から、パナソニックがサービスの提供を開始する。

同サービスは、西川のマットレスに搭載したセンサーで睡眠データを計測し、睡眠の状態にあわせて家電を制御できる。睡眠の結果を可視化し、1人ひとりにあった睡眠のアドバイスを行い、よりよい睡眠環境へアップデートしていくサービスだ。

具体的には、まず、西川のセンサー搭載マットレス「エアーコネクテッド」SIマットレスで、睡眠中の呼吸など微細な動きから、睡眠時間や睡眠状態をはじめとしたパーソナルデータを計測する。それらのデータを専用アプリと連携させることで、個人の眠りにあわせた睡眠環境制御や、パーソナライズド アドバイスが可能になる。

パナソニックと西川、個人の眠りにあわせて家電制御が可能な「快眠環境サポートサービス」を共同開発

エアコンは、入眠したタイミングや睡眠状態にあわせて、快適な温度・風向・風量で運転する。起床に近づくにつれ、設定温度を徐々に上げていく。LEDシーリングライトは、起床前の睡眠状態をみて、徐々に明るくし、すっきりした目覚め環境をサポートする。音楽は、おやすみ開始から音量を徐々に小さくコントロールして入眠検知後、自動で消音。スマートフォンにダウンロード済みの好みの音楽の再生も可能だ。

パナソニックが提供する専用アプリ「Your Sleep」では、睡眠の結果を「睡眠深度」や「睡眠スコア」で表示する。「睡眠スコア」は、「睡眠時間」「睡眠効率」「寝つきまでの時間」「中途覚醒回数」「目覚めの状態」「深い睡眠」の6項目で評価し、スコアを算出する。履歴は、日次、週次、月次で表示し、振り返りが可能だ。

また、睡眠の結果に基づき、個別のアドバイスを月次、週次、日次で表示する。さらに、前日の就寝前行動「飲酒・カフェイン・運動・お風呂」についての「行動アンケート」に答えると、より詳細なアドバイスが表示される。

同サービスは、パナソニックが新設するECサイト「くらしサービスストア」で提供し、専用のアプリ「Your Sleep」「nishikawa LINK」と西川のセンサー搭載マットレス「エアーコネクテッド」SIマットレス、アプリに対応したパナソニックの家電で構成している。マットレスや対応家電の代金に加えて、サービスの利用料として月額990円(税込)が必要となる。

現在、同サービスに対応するパナソニックの家電は以下の通り。

  • 無線LAN搭載のエアコン:2018年WX/Xシリーズ 2019年WX/X/AX/EXシリーズ 2020年X/UX/TXシリーズ(2019年11月発売)
  • 照明器具:LINK STYLE LEDシリーズのLEDシーリングライト
Previous

KDDIなど3社、JINS MEMEによるバイタルデータとオフィスの空間データを活用した個人の集中度に応じて照明が連動する共同実証実験を開始

日立とユーシーカード、生体情報の暗号化技術「PBI」を活用した手ぶら決済の実証実験を実施

Next