富士ゼロックスが社名変更、AI・IoTなどを活用したソリューション・サービス事業を強化

富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社は、米国ゼロックス・コーポレーション(以下、米ゼロックス)と、技術/ブランドライセンスや販売テリトリーなどを規定した「技術契約」により、各社が開発した技術を相互に利用できる関係を続けてきた。

今回、富士ゼロックスは、自社の技術開発・商品開発のスピードやレベルの向上により、現行の契約期間満了日の2021年3月31日で技術契約を終了することを決定し、米ゼロックスへ通知したと発表した。2021年4月からは、販売テリトリーの制約がなくなり、これまでアジアパシフィック地域で「富士ゼロックス」ブランドによる販売活動を行ってきた同社は、新たな自社ブランドでワールドワイドにビジネスを展開する。

また、同契約終了に伴い、同社は2021年4月1日に社名を「富士フイルム ビジネスイノベーション株式会社」に変更する。富士フイルムブランドのもとでグループ内の連携を強化し、クラウド、AI、IoT技術を活用したソリューション・サービスの市場導入を加速する。さらに、ドキュメント領域やドキュメント周辺領域での事業強化、新たな領域での事業拡大を展開する。

なお、米ゼロックスとの商品供給契約は、同技術契約終了後も存続するため、同社と米ゼロックスは、互いを商品供給パートナーとし、関係は引き続き継続するとした。

Previous

IoT人気記事ランキング|オムロンとスクウェア・エニックスが共同研究など[12/23-1/5]

神戸デジタル・ラボ、Momoの農業IoTキットを活用したシステム開発を開始

Next