クロスロケーションズの「Location AI Platform」に新機能、AIで性別・年代別の曜日時間帯別エリア解析が可能に

近年、人々の消費行動が多様化する中、効果の高い販売促進活動や店舗イベント集客を行うため、クロスロケーションズ株式会社は、位置情報データ活用クラウド型プラットフォーム「Location AI Platform(以下、LAP) 」を開発・提供している。

LAPは、通常の数値データではなく、解析の難しい空間情報である位置情報ビッグデータを、AIが素早く分析、見える化することで、企業の業務で活用できるプラットフォームだ。流通、外食、不動産などの様々な業種業態で活用ができ、現状把握から、戦略立案・出店計画・販売促進・製品開発・サービス企画などの多くの分野に貢献する。

同社では、LAPに以下の2つの新機能を本日より提供開始した。

  1. 性別・年代別の曜日時間帯別エリア解析
    毎月約45億レコードを蓄積する位置情報ビッグデータを活用して、消費者の行動傾向を性別・年代別、曜日時間帯別でAI解析して、分析することが可能になった。これにより、属性ごとの実勢商圏や競合シェア率、買い回り傾向などの行動傾向が素早く把握できる。顧客データを保有しない店舗でも利用可能で、性年代別ターゲットのタッチポイントを理解した上で最適なエリアを選択し、販売促進活動と効果測定が行える。
  2. 分析地点登録機能
    分析地点の登録機能を、CSVファイルアップロードに対応した。これにより、LAP利用者は、分析したい店舗を自由に登録でき、いつでも解析結果を確認できるようになった。

また、LAPの提供プランは以下の通り。

  • AI商圏プラン
    LAPの独自解析エンジンが行うロケーションデータの解析結果に基づき、隠れた商圏の把握や競合比較、消費者の動態などを分析・把握するベーシックな利用プラン
  • AI集客プラン
    「AI商圏」分析機能に加え、その結果を広告出稿・効果検証まで一気通貫して実行可能なプラン

クロスロケーションズの「Location AI Platform」に新機能、AIで性別・年代別の曜日時間帯別エリア解析が可能に

Previous

矢野経済研究所、XR360°動画市場は5Gの普及と共に拡大し2025年に1兆1,952億円と予想

小田急のMaaSアプリ「EMot」、観光型MaaS実証実験を開始

Next