JR東日本スタートアップとNearMe、AIを活用した観光タクシーの相乗りサービスの実証実験を開始

JR東日本スタートアップ株式会社と、株式会社NearMe(以下、ニアミー)は、1月18日(土)より、新潟市で観光タクシー相乗りサービス「新潟トラベルシャトル」の実証実験を行う。

実験では、ニアミーのもつAIを活用した観光ニーズのマッチングと送迎ルート最適化の技術を活用する。

また、ニアミーが2019年8月より提供している「スマートシャトル」の経験を応用し、オンデマンドの事前予約による利便性の向上と、相乗りにより一人あたりの負担を下げることで、お得で快適な観光地の周遊を実現する。

地域の観光資源を発見しやすくする仕組みを構築することで、地域の観光価値向上および地域活性化を目指すとしている。

送迎先は新潟駅南口および新潟市内の宿泊施設を対象とし、実験は約2ヶ月の予定である。

利用方法は、利用日の前日にWebサイトにて観光コースを予約する。観光地での入館料などを含む代金はWebサイトで事前に決済が可能なため、当日はキャッシュレスで利用することができる。

当日は選択した乗車場所に配車され、アルファードやハイエースなどで新潟観光を行うことができる。

観光コースは以下の3種類がある。

  1. 観光ドライバーおまかせコース
    • 1時間 1,980円
    • 2時間 3,980円
    • 3時間 5,980円
  2. 越後豪農の館を体感 北方文化博物館コース
    • 2時間 3,980円
  3. 食と酒を愉しむ 市内観光コース
    • 3時間 5,980円
Previous

STマイクロエレクトロニクス LoRa対応スマートIoT機器の開発を加速させる「STM32 マイコン」を発表

「体験の時代」に求められる事業の再定義 -CES2020レポート4

Next