VR Japan・コニカミノルタ・ドコモ、5G活用の360°VRリアルタイム配信の共同実証実験を実施

2019年12月、株式会社VR Japan、コニカミノルタジャパン株式会社、株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)の3社は、「ドコモ5GオープンラボYotsuya」(以下、オープンラボ)で、5Gを活用した共同実証実験を実施した。

同実証実験では、オープンラボの5G環境下でVR Japanが所有する低遅延VRリアルタイム配信システム(VRJ配信システム)を用いて、コニカミノルタジャパンが提供する高機能ネットワークカメラ(以下、MOBOTIX)の360°撮影映像をリアルタイムにVRヘッドマウントディスプレイに何秒で配信できるかを検証し、配信時間1秒以下という低遅延で実現できることを確認した。

双方向のコミュニケーションを可能とする360°VRリアルタイム配信は、医療教育分野や建設現場安全管理分野など、さまざまな社会課題の解決 ソリューションとして期待されている。

  • 医療業界向けの遠隔教育ソリューション
    日本の医療現場では、少子高齢化により、患者の増加と医師不足が懸念されている。遠隔地にいる地域医療の最前線に立つ医師が、医療を効率的に学ぶ環境が必要となっており、技術を有している医師の指導を受けられる効果的な医療教育を実施できる体制は無医地区や地域医師不足の解決になると考えます。

    360°VRリアルタイム配信では、視聴側が見たい場所を見ることができ、360°VR映像上に手元をクローズアップした映像や診断画像などを同時に映し出すピクチャインピクチャの技術を利用して、視聴側が視点を大きくずらすことなく超音波診断装置や画像診断ワークステーションなどに表示される映像を一度に見ることが可能で、双方向での会話もできる。これにより遠隔地の医師は、画像確認や診断行為などの複数で複雑な医療技術を1つの映像で直感的に見て、医師の技術指導を受けられるようになる。

  • 建設現場の遠隔監視ソリューション
    建設現場では、建設現場で働く人の安全と健康を確保して快適な職場の形成が求められている。360°VRリアルタイム配信では、堅牢(けんろう)、防水、防じん性能を備えるMOBOTIXの360°の撮影映像をリアルタイムにVRヘッドマウントディスプレイへ配信できるため、監視センターから現場の状況をリアルタイムで監視しながら現場とのコミュニケーションを行うことができる。

    これまでは人が監視、もしくは一方向のカメラによって監視していた現場を、同ソリューションおよび、解析/検知/通報というMOBOTIXの機能を活用してより頻度高く、より詳細に、より広範囲に監視することができるようになる。
    VR Japan・コニカミノルタ・ドコモ、5G活用の360°VRリアルタイム配信の共同実証実験を実施

3社は、今後同ソリューションのさらなる技術的な発展と実用化をめざして、2020年2月に、5Gとセキュリティを強化するための「ドコモオープンイノベーションクラウド」を活用した共同実証実験を実施する。この実証実験では、5Gに加えてドコモオープンイノベーションクラウドを用いることで高いセキュリティを確保した上での低遅延配信の実現を目指す。

共同実証実験での各社の役割は以下の通り。

  • VR Japan
    ・低遅延VRリアルタイム配信システムの提供
    ・VRヘッドマウントディスプレイの提供
    ・実証実験による実用性確認
  • コニカミノルタジャパン
    ・MOBOTIXの提供
    ・実証実験用超音波診断装置の提供
  • ドコモ
    ・実証実験検証環境(オープンラボ)
    ・ドコモオープンイノベーションクラウドの利用環境
Previous

NECファシリティーズ、IoT/AIを活用した生産工場におけるインフラ設備の故障予兆検出システムの実証実験を開始

NTTドコモとAGC、28GHz帯5G電波の透過・反射を動的制御する透明メタサーフェス技術の実証実験を実施

Next