ドローンプラットフォーム「docomo sky」によるビジネス支援 ーDOCOMO OpenHouseレポート1

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)が、今春からサービスを開始する5GやAI、IoTなどの最新技術を活用した様々なサービスやソリューションの展示や講演を一堂に体験できる「DOCOMO Open House 2020」が東京ビッグサイト青海展示棟で開催された。

本記事では、ドコモのドローンプラットフォーム、「docomo sky」を紹介する。

ドローンによる様々な点検

「docomo sky」はドローンを活用したビジネスを支援するドローンプラットフォームだ。

ドローンとプラットフォームを接続することで、ドローンの機体やフライト情報の管理や、撮影された画像データを利用した分析などをWeb上で行うことができる。

Open Houseでも画像データを利用した様々な点検の事例が展示されていた。

基地局のサビを点検する

docomo skyのデモ画面
docomo skyのデモ画面

自社の携帯電話基地局点検にドローンを活用している。

ドコモが提供する研修を受けた操縦者は簡単な操作でドローンを飛行させて、撮影を行うことができるという。

撮影された画像はクラウドに送られ、AIによってサビの箇所を分析することができる。

撮影場所や時間、分析結果まで専用画面で確認できる。

プラントの工事進捗を管理する

プラントの施工を行う日揮株式会社と共同でドローンに関する検討を進めている。

プラントの建設工事は、複数の現場監督者が進捗を報告したものを管理者が手作業でまとめて進捗を確認していた。

これでは工数がかかってしまうのと、近年の労働者不足に対応することが出来ない。

そこで、ドローンを活用し進捗管理を自動化しようとしている。

まず、建設現場全体をドローンで撮影し、ドローンの位置情報をもとに現状の構造物を3Dで再現する。

再現された現状の構造物の3D画像と、設計図をもとに作成された3Dモデルとを重ね合わせ、差分を確認することで工事の進捗状況を管理することができる。

イベントを彩るドローンディスプレイ

高解像度版浮遊球体ドローンディスプレイ
高解像度版浮遊球体ドローンディスプレイ

2018年に開発された「高解像度版浮遊球体ドローンディスプレイ」が展示されていた。

全方位に映像を表示しながら飛行することができるドローンで、スポーツのオープニングセレモニーなど様々なイベントで用いられているという。

ドローンの羽の外側でLEDフレームが回転させて、映像を表示させている。

現在は2機同時に飛行させることが可能で、事前にプログラミングされた映像を表示しながら、それぞれの機体をパイロットが操縦するという。

映像を表示しながらの飛行は約5分でだいたい楽曲1曲分とのことだが、文字も鮮明に読み取れることができるため、企業名を表示するだけでも大きな広告効果があるだろう。

北米ドローンメーカーSkydio社との新たな協業

1月22日にドコモとの協業が発表された、北米ドローンメーカーSkydio社のドローンが展示されていた。(トップ画像)

これまでのドローンはGPSによって制御されていたため、屋内や狭い場所での飛行は困難だった。

Skydio社のドローンには、上下両面に魚眼レンズが3個ずつ配置されており、周囲の状況を常に認識することができる。

そのため、骨組みが入り組んだ形状をしている橋梁の点検や、特定の人物を追尾する警備などを行うことができる。

ドコモはこの協業により、「docomo sky」の取り組みを更に加速させるとしている。

[参考]報道発表資料:非GPS環境下での自律飛行を実現する北米ドローンメーカーSkydio社との協業に向けた合意

Previous

アーリーワークスとNEC通信システム、ブロックチェーンを活用した超高速次世代型ハイブリッドデータベース「SmokeDB」に関する共同研究を開始

STとTencent、LoRaWANオープンIoTプラットフォームで協力

Next