総務省、「920MHz帯小電力無線システムの高度化に係る技術的条件」の一部答申を発表

920MHz帯のアクティブ系小電力無線システムは、移動体識別(RFID)やスマートメーター、センサーネットワーク等に広く利用されている。近年は、センサーネットワークとして、従来のテレメータ・テレコマンドのような通信に加えて、省電力で長距離伝送が可能な狭帯域通信いわゆるLPWAが普及しており、アクティブ系小電力無線システムの需要が高まっている。

同システムに関して、システム間の周波数共用を図るため、日本ではキャリアセンスの機能を備え付けることとしている。一方、諸外国では、周波数ホッピングやローデューティサイクルの機能を備え付けることとしており、諸外国との調和を図る必要性が高まっている。

そこで、総務省ではキャリアセンスの機能を要しないシステムの導入に必要な技術的条件について検討してきた。その検討結果について、情報通信審議会から、平成14年9月30日付け諮問第2009号「小電力の無線システムの高度化に必要な技術的条件」のうち「920MHz帯小電力無線システムの高度化に係る技術的条件」について一部答申を受けたと発表した。

今後、総務省では、同一部答申を踏まえ、関係規定の整備を速やかに行う予定とした。

出典:総務省ホームページ

Previous

経産省と国交省、中型自動運転バスによる実証実験に向けてプレ実証を実施

アーリーワークスとNEC通信システム、ブロックチェーンを活用した超高速次世代型ハイブリッドデータベース「SmokeDB」に関する共同研究を開始

Next