NTTPC、IoTやDXを視野に入れた5Gネットワークを利用したSD–WANの実証実験結果を発表

株式会社NTTPCコミュニケーションズ(以下、NTTPC)はNTTドコモ(以下、ドコモ)のパートナープログラムに参加しており、今春開始される5G商用サービスと同じネットワーク装置・同じ周波数帯を利用した5Gネットワークを用いて、実証実験を行った。

実証実験の内容は、NTTPCが提供するサービス「Mater’s ONE CloudWAN」に使われているSD–WAN技術を5Gネットワークと組み合わせることができるかどうか、というものだ。その実証実験結果が、1月23日にNTTPCサービスクリエーション担当部長 上田 信昭氏と同部署 進藤 宙氏(トップ画像)より発表された。

SD–WAN技術と、そのメリット

SD–WANとは、Software Defined(SD)–Wide Area Network(WAN)の略称だ。

WANは企業の複数の拠点を相互に接続するためのネットワークだ。例えば東京本社と大阪支店を繋ぐために、WANが構築される。そして、このWANをソフトウェアによって制御するというのが、SD–WANだ。

SD–WANのメリットは様々あるが、進藤氏からは「一元管理」と「トラフィック制御」が挙げられた。

SD–WANのメリット「一元管理」

SD–WANでは、サーバーやルーターなどのハードウェアで構築される拠点間のネットワーク上に、仮想的な別のネットワークが構築される。

SD–WANを導入している企業のネットワーク管理者は、仮想的な別のネットワークを通じて、物理的なネットワークの制約を受けずに、ソフトウェアでネットワークを一括管理できる。

そのため、ネットワーク管理者は拠点に行かなくても、遠隔地からコントロールパネルでネットワークを制御可能となる。

SD–WANのメリット「トラフィック制御」

現在、企業のクラウドツールの利用が加速しており、インターネットの利用頻度が上がっている。

例えば支店や工場といった拠点からインターネットにアクセスする時は、セキュリティの観点から、本社やセンターを経由しなければならないというネットワーク構成を採用している企業は少なくない。

そのため、支店や工場などがクラウドツールを利用すると、本社やセンターにトラフィック(通信量)が集中し、回線が混雑する場合がある。そうすると、接続が遅くなったり、接続が出来ないといった問題が起こる。

しかし、SD–WANではソフトウェアでネットワークを一元的に管理できるため、「Google Driveなどの特定のクラウドサービスを支店や工場などが利用する際の通信は、例外的に本社を経由させずに通信を行う」というポリシー(条件)をネットワーク全体に対して設定できる。

このようにトラフィック(通信量)が分散されることで、回線は混雑しなくなり、ユーザーは生産性を落とさずに作業やコミュニケーションを継続できるようになる。

NTTPCが提供するサービス「Mater’s ONE CloudWAN」

このようなSD–WANの技術をベースとしたNTTPCの「Mater’s ONE CloudWAN」は2つのメニューがあるという。

「Mater’s ONE CloudWAN」の説明
「Mater’s ONE CloudWAN」の2つのメニュー

左側は既存の回線を変更すること無くそのまま導入が可能なオーバーレイタイプのSD–WAN。右側はフレッツ回線を利用し、閉域網を通じた通信が可能なセキュリティ性の高いセキュアパッケージタイプのSD–WANだ。

NTTPCの「Mater’s ONE CloudWAN」の特徴は、「コントロールパネルで一元管理、すぐに設定」「ネットワークの混雑を回避」「低遅延な通信」の3点だ。

  1. コントロールパネルで一元管理、すぐに設定
  2. 「Mater’s ONE CloudWAN」では、Excelの管理簿はいらず、拠点毎、アプリケーション毎に、トラフィック(通信量)がグラフ化できる。

    「Mater’s ONE CloudWAN」のコントロールパネル
    「Mater’s ONE CloudWAN」のコントロールパネル

    設定も簡単だ。進藤氏によれば「お客様から申込みいただいてから、当社で設定が完了するまで、大体2~3週間かかるが、本製品であればコントロールパネルでお客様自身が設定できるため、5分程度で設定が完了する」という。

    「実際、本製品を導入いただいているお客様から拠点を移設したという話を最近聞いたが、当社は把握していなかった。お客様自身でコントロールパネルから設定をしてもらえた」と進藤氏は実体験を混じえて説明した。

  3. ネットワークの混雑を回避
  4. 進藤氏は、支店や工場などがインターネットにアクセスする時、一度本社を経由しなければならないようなネットワークを前提として、次のように話す。「信頼できるウェブサイトなどについては、支店や工場などから直接インターネットに抜けるようにする。そうするとインターネットへの出口が複数設けられ、トラフィック(通信量)が分散される。」

    例えば、Windows Updateのようなインターネットのアクセスが集中しやすい状況で、「Mater’s ONE CloudWAN」によるトラフィック(通信量)の制御が有効になる、と進藤氏は話した。

  5. 低遅延な通信
  6. 「Mater’s ONE CloudWAN」のセキュアパッケージタイプは、フレッツ回線を利用している。進藤氏は、フレッツ回線には次のような特徴があると述べた。

    「本製品はフレッツのIPv6通信という仕組みが使われている。IPv6通信は、県ごと、エリア毎、東西、それぞれのレベルで、最短距離で通信できるという特徴を持ったネットワークで、これまでよりも遅延が減る。遅延が減ると、VoIP(ネットワーク上の音声通話)やウェブサイトにアクセスする時のレスポンス速度が体感的に変わってくる。」

    なお、SD–WANを導入する際には、以下のエッジ装置が必要だ。

    SD-WANエッジ装置
    SD–WANのエッジ装置

    この箱型の機器は、LANポート、WANポートが付いていて、ルーターの機能を備えている。また、ソフトウェアも同機器に格納されているという。この箱型の機器を拠点ごとに設置することで、SD–WANが使える。

Previous

KDDI総合研究所、5Gに向けた基地局ネットワークスライシング技術を開発

KDDIと渋谷未来デザイン、au 5Gをエンタメ領域で活用する体験イベントを開催

Next