大和ハウス工業とナスタ、スマートフォンによる開錠が可能なスマートキーを搭載した宅配ボックスを開発

国土交通省によると、2018年の宅配便の再配達は、約6.5億個(再配達率16%)であり、同省の目標である再配達率13%には至っておらず、宅配クライシスは続いている。

また、株式会社ナスタが2019年に福岡市で行った置き配に関する実証実験によると、ユーザーの9割が「宅配ボックスは必要」と回答し、荷物の受取ストレスを解消する手段として、宅配ボックスが有効であることが実証された。同実験では「宅配ボックスの鍵を閉めてもらえなかった」「夜間に荷物を取り出す時に、鍵を開けるのが手間だった」など、宅配ボックスの鍵に関する意見が多くあった。

そこで、大和ハウス工業株式会社とナスタは、スマートキーを搭載した戸建住宅向け宅配ボックス「Next-Dbox」・新型「D’s box」を共同開発した。これらの宅配ボックスには、スマートフォンのアプリと連動させることができるスマートキーを搭載している。

入居者が宅配ボックスに近づくと、Bluetoothを通じて専用アプリに荷物が届いていることを通知する。Wi-Fiの接続は不要で、スマートフォンをポケットに入れたままでも、宅配ボックスのパネルを2タッチするだけで扉を開錠することが可能だ。従来の暗証番号操作での開錠が不要で、スムーズに荷物の取り出しができる。専用アプリでは、宅配ボックスの鍵の施錠や開錠履歴を確認することができる。

その他、大型郵便物やメール便が受取り可能な「メール便対応ポスト」、荷物の発送などの独自のシステムも搭載している。

販売価格は、「Next-Dbox」スリムタイプとワイドタイプが275,000円(税込)、「Next-Dbox」オーバータイプが330,000円(税込)、「D’s box」は132,000円(税込)で、それぞれ工事費は別途かかる。

これらの宅配ボックスは、大和ハウス工業が明日2月1日から全国で順次発売開始し、今後同社が開発・販売する戸建分譲住宅地にも導入するとした。

Previous

パナソニック、IoT機器の重要データを保護する多機能セキュアICを開発

京セラと横浜市、宅配効率化を目的とした「IoT宅配システム」の実証実験開始

Next