東芝、データ循環型エコシステムを構築する新会社、東芝データ株式会社を設立

株式会社東芝は、2020年2月3日、東芝データ株式会社を設立した。

東芝データは、東芝グループの持つセキュリティ技術とノウハウを基盤に、人々の購買動向をはじめ、健康人材、行動など実社会で収集したデータをデジタル技術で分析し、情報や知識へ加工して実社会に還元することで、豊かな未来を創造するデータ循環型のエコシステムの構築を目指すとしている。

株式会社Gunosyと株式会社シーユーシーが、パートナー企業として参画を表明している。

事業第一弾として、東芝テック株式会社のスマートレシートを核とする事業モデルを行う。

流通小売業の実店舗における生活者のレシート情報を収集・分析し、ニーズに合ったクーポンなどを付加価値として消費者に還元を行うとともに、小売店に集客・売上拡大をもたらす事業モデルを展開していく。

さらに、今後、健康・人材・行動データなどにも事業範囲を拡大し、業界の垣根を超えて、パートナー各社が持つサービス、知見などとのシナジーを最大化していくとしている。

Previous

トヨタ、ビッグデータを活用したペダル踏み間違い時の「急アクセル時加速抑制機能」を開発

工場における産業機械の稼働状況の把握

Next