ドコモとシスコ、クラウド型の電話システムで協業

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)とシスコシステムズ合同会社(以下、シスコ)は、働き方改革の推進支援を目的にクラウド型の電話システムで協業を開始した。ドコモは、シスコのクラウドサービスである「Cisco Webex Calling」、固定電話や内線電話などの従来の電話システムとCisco Webex Callingを接続するドコモのクラウド型電話ソリューションを、法人の顧客向けに3月2日から提供開始する。

Cisco Webex Callingとは、中堅・中小企業向けに最適化されたクラウドベースの電話システムだ。電話によるコミュニケーションの他、Webex Teams、Webex Meetingsが提供するチャット、Web会議などと連携することで、単一のユーザインタフェースで電話、チャット、Web会議、ファイル共有が可能になる。

一方、ドコモが提供するクラウド型電話ソリューションは、顧客が現在利用中の従来の電話システムとCisco Webex Callingの音声通話サービスを接続して、2つの音声通話環境間での相互通話をスムーズに対応可能とするソリューションだ。

同協業により、Cisco Webex Callingとドコモのクラウド型電話ソリューションの連携が可能となり、顧客は専用アプリをインストールするだけで、在宅勤務やリモートワーク先でも、会社の固定電話番号を用いた発着信ができるようになる。

これにより、自宅や出張先からでも、PCやスマートフォン、タブレットから会社の固定電話番号を利用した発着信などがより簡易となり、在宅やリモートオフィス勤務などの多様な勤務形態の導入、働き方改革を通じた生産性の向上に貢献する。専用のポータルサイトから顧客自身で転送や自動アナウンスなどの設定ができ、即時にシステム反映される。

また、顧客は、利用中の電話設備を継続利用しながら、並行してCisco Webex Callingを導入して検証できるため、段階的にクラウド環境に電話システムを移行することができる。

Previous

京都大学とNTT、臨床情報を管理・統合する医療リアルワールドデータを構築する新会社設立

トヨタ、ビッグデータを活用したペダル踏み間違い時の「急アクセル時加速抑制機能」を開発

Next