ISID、企業のDXに向けたAI活用支援のため全社横断組織「AI トランスフォーメーションセンター」設置

昨今、デジタルトランスフォーメーションの進展に伴って、AIを活用した事業創出や業務革新を本格化する企業が増えている。このような環境の変化に応えるため、株式会社電通国際情報サービス(以下、ISID)では、2016年に設置したAI専任組織を中核として、製造業の設計開発をはじめ、多様な領域で業務ごとの特性に応じた最適なAIソリューションの開発や適用支援を行ってきた。

これまでに、時系列データを利用した動作予測や予兆検知サービス、深層強化学習で機械制御を最適化していくためのAIモデル構築や因果分析サービス等、製造業を中心に100を超えるAIプロジェクトを推進している。

また2019年に開始した3カ年の中期経営計画では、テクノロジー、業界、企業、地域等の枠を超えたX Innovation(クロスイノベーション)を通じて、FinTech、デジタルマーケティング、スマートエンタープライズ、ものづくり革新等の領域で新ビジネス創出を推進している。

そして、同社は、「AI トランスフォーメーションセンター」を本日設置し、これらの取り組みをより一層加速させる。同センターは、社内のAI人材と知見を集約し、同社の全事業領域での顧客企業に対する付加価値の最大化が目的だ。主な役割は以下の通り。

  1. 顧客ビジネス課題解決のためのAI製品企画・開発
  2. 最新AI関連技術・リソースの集約およびAIスタートアップ企業・学術機関等との連携強化
  3. 幅広い業種に対するAIサービス提供のための全社横断サポート
  4. 顧客企業の社内AI人材育成支援
Previous

IoT人気記事ランキング|経産省が「DX銘柄2020」の選定でアンケート開始など[2/3-2/9]

パナソニック、レーザーSLAM搭載のロボット掃除機「RULO」発売

Next