ソラコム、LTE-M内蔵で4種類のセンシングが可能なIoTデバイス「GPSマルチユニット SORACOM Edition」提供開始

株式会社ソラコムは、省電力通信のLTE-Mを内蔵した、4種類のセンシングが可能なIoTデバイス「GPSマルチユニット SORACOM Edition(以下、GPSマルチユニット)」を本日、発売開始した。

GPSマルチユニットは、GPS、温度、湿度、加速度を計測する4つのセンサーを内蔵している。スターターキットに含まれているSORACOMのLTE-M通信に対応した特定地域向けIoT SIM(plan-D、plan-KM1)をセットして使うことで、センサーデータは自動的にセルラー回線で送信される。同デバイスは外部給電で利用できるうえ、充電式バッテリー内蔵により、持ち歩いたり、電源が供給できない場所での利用も可能だ。

また、デバイス側に必要な通信設定が入っているため、顧客はブラウザからの操作だけで「取得するセンサー値」「取得タイミング」を設定し、センサーの活用を開始できる。

さらに、同デバイスとIoTプラットフォームSORACOMのダッシュボード作成・共有サービス「SORACOM Lagoon」を使用すると、収集したデータをグラフ化して、パソコンやスマートフォンで閲覧する、事前に設定したしきい値を超えた場合にアラート通知し、EメールやLINEやSlackなどのチャットツールに連携させるなどの仕組みを設定できる。

「SORACOM Beam」「SORACOM Funnel」などのSORACOMサービスを用いて、顧客の用意したサーバー(様々なクラウド、オンプレミス)にデータを連携することも可能だ。これにより、同デバイスで収集したセンシングデータを、予兆検知や、機器の自動制御などのシステムの一部として活用することもできる。

同デバイスの利用例は以下の通り。

  • 社用車や物流コンテナの位置トラッキングおよび、温度湿度の記録
  • オフィスや店舗、倉庫内の温度湿度の管理
  • 建設現場の熱中症対策
  • 工場の装置の温度湿度の管理および経年による機器の傾きの検知
  • 農業や林業など農業や林業でのひとり作業の安全把握(位置トラッキングおよび転倒検知)

この他、「温度」「湿度」「位置情報」「移動や傾きの検知(加速度)」というセンサーを組み合わせたIoTシステムを作ることも可能だ。

同デバイスと特定地域向けIoT SIM /plan-Dがセットになったスターターキットの販売価格は、1セット11,000円(税別・送料別)だ。この初期費用のほか、月々の利用料金として以下の金額がかかる。

  • SORACOM Air for セルラー plan-Dの基本料金 / 通信料金(plan-D利用時)
  • SORACOM Beam/Funnel/Harvest Data/Lagoonの従量課金
Previous

日立とベトナム金融機関、AIを活用した自動契約サービスの実証を開始

むつ市・NTT Com・NTTレゾナント、IoT電球を活用した高齢者向け見守りサービスで連携

Next