NTTコミュニケーションズやドコモなど、5Gを活用した濃霧の中でも安全に走行できる運転補助システムの確立に向けて実証実験を実施

大分県は大分空港と大分市方面を結ぶ主要な移動手段が高速バスだ。その中で、中間点にある日出JCTにて濃霧が発生し、交通面・観光面で大きな課題となっている。

そこで、大分県、NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)、株式会社オートバックスセブン、大分交通株式会社、株式会社NTTドコモ九州支社(以下、ドコモ)は、濃霧の中でも安全に走行できる運転補助システムの確立に向けて、運転中の周囲の車両やガードレールなどを画像認識し、5Gでリアルタイムに車内のディスプレイに表示する実証実験を東九州自動車道と昭和電工ドーム大分で実施した。

同実証実験は、5Gの高速・大容量と低遅延の特徴を活かし、濃霧の中を走行中の車両に搭載したカメラ(サーマルカメラ/4Kカメラ)で撮影した画像を、5Gを用いてドコモオープンイノベーションクラウド(以下、クラウド)へ送信し、クラウドに実装したドコモの画像認識エンジンで前方を走行する車両、高速道路の白線・ガードレールを認識させる。

その結果を車両のヘッドアップディスプレイに表示し、車両を運転する運転手の運転補助を行う。運転手は視界不明瞭な濃霧の中でも車線や前方の車両などを目視することが可能になる。

同実証実験は、濃霧の高速道路でも安全に走行できる運転補助システムを確立し課題解決をめざす。

Previous

オルツ、音声/ヒアラブル領域やVR/ARなどのID識別に活用できる「単語組合せによる認証手法」の特許を取得

NTT・ドコモ・静岡大学、暗号技術とAIを活用した高品質野菜の栽培実験を「畑アシスト」で開始

Next