Agoop、AIにより店舗の出退店戦略を支援する「Shop Studio」を提供開始

ソフトバンク株式会社の子会社で、位置情報を活用したビッグデータ事業を行う株式会社Agoopは、小売業やサービス業など多店舗展開を行う事業者向けに、新規出店や閉店などの出退店戦略を支援するダッシュボードサービス「Shop Studio」を、本日から提供開始した。

「Shop Studio」は、Agoopが保有する「その場所に、何時間、どれくらいの人がいたのか」という流動人口データと、顧客の売上データを掛け合わせてオリジナルのAIを構築し、新規出店や閉店などの出退店戦略を支援する。機能は以下の通り。

  1. 新規出店ソリューション
    顧客の売上データを基に機械学習モデルを構築する。構築したモデルの予測結果をウェブブラウザー上で可視化して、新規出店に最適な場所を見つけることができる。
  2. 店舗配置ソリューション
    店舗配置ソリューションは、顧客の店舗データを基に独自の統計モデルを作成し、店舗同士の相互関係を地図上でシミュレーションすることができる。店舗をなくした場合の影響を可視化できるため、最適な店舗配置の支援ができる。

「Shop Studio」を導入する際は、まず顧客データをAIに学習させ、オリジナルのAIを構築して、予測モデルの妥当性の確認・検証を行う1カ月間のPoCを実施する。

IoT/AIのトレンドや事例をお調べですか?
IoTNEWSでは、IoT/AIのトレンドレポートを毎月作成、法人会員限定で配布しています。 また、毎月有識者による様々なテーマでの勉強会を実施しております。
詳細はこちら
Previous

オムロンと近畿大学、高齢ドライバーの運転技能向上を促すリアルタイム運転技能診断システムを共同開発

NEC、耳音響認証技術で個人を特定できるヒアラブルデバイス活用のトライアルサービスを販売開始

Next