Braveridge、Bluetooth5.0対応のIoTデバイス向け無線通信モジュールを発表

株式会社Braveridgeは、Bluetooth5.0規格に対応したIoTデバイス向けモジュール「BVMCN52840CFSLR」「BVMCN5210S」の開発、量産を開始した。同製品はNordic semiconductor製のBluetooth Low Energy用SoCチップ「nRF52840」、「nRF52810」をそれぞれ搭載したモジュールだ。

「BVMCN52840CFSLR」は、Bluetooth5.0で新たに追加されたLong-Range機能に対応しており、低消費電力・長距離通信が可能だ。同社測定実績としては、繁華街で100m~200m、見通しの良い海上で1.0km~2.0kmの通信を実現した。

一方、「BVMCN5210S」は、W:8.5mm×D:8.5mm×H:1.9mmと小型で、Beaconなどの安価なIoTデバイスにも搭載できる低価格を実現した。

各サンプル価格は以下の通りで、出荷開始時期はともに2020年4月末予定だ。

  • BVMCN52840CFSLR
    サンプル価格:1,450円/個(税抜)最低発注数20個~
  • BVMCN5210S
    サンプル価格:1,100円/個(税抜)最低発注数20個~
IoT/AIのトレンドや事例をお調べですか?
IoTNEWSでは、IoT/AIのトレンドレポートを毎月作成、法人会員限定で配布しています。 また、毎月有識者による様々なテーマでの勉強会を実施しております。
詳細はこちら
Previous

LIXIL、中古住宅をIoT搭載してリフォームした「福島実証棟」を開設

ラーメン凪、「顔パスシステム」でメンバーズカードなしでも特典提供

Next