シャープ、5Gモバイルルーターを発売

シャープ株式会社は、5Gに対応したモバイルルーターを商品化し、本年春の5Gの商用サービス開始にあわせて発売する予定だ。

同機は、指向性の強いミリ波の受信感度を高めるために方向の異なる3つのアンテナを搭載しており、5Gの電波帯である「Sub6(6GHz未満の周波数帯)」と「ミリ波(28GHz帯などの高周波数帯)」の両方に対応している。受信時最大約4Gbps、送信時最大約0.8Gbpsの高速データ通信が可能だ(※)。

また、新規格Wi-Fi6にも対応している。タブレット端末やノートパソコンなどを最大16台まで同時接続でき、複数の端末を接続した際も高速で安定的な通信が可能だ。さらに、2.5GBASE-TのLANポートやUSB3.0を搭載するなど、有線接続機能も充実し、無線(Wi-Fi6)と有線(2.5GBASE-T LAN、USB3.0)を同時に使用することもできる。

5Gの特徴である高速・大容量通信と、モバイルルーターとしての機動力を活かして、外出先での大容量ファイルの送受信や動画視聴、Web会議の通信などにも使用でき、その他イベント会場や仮設事務所など、固定回線の敷設が困難な場所や一時的に高速回線が必要となるシーンでも活用できる。

※ 通信速度は技術規格上の最大値で、実使用速度を示すものではない。

Previous

NTTコミュニケーションズ、閉域網接続でセキュリティを強化した専有型IoTプラットフォーム「Things Cloud Private」を提供

NECとシスコ、安全保障領域や重要産業インフラ向けサプライチェーン管理を強化したネットワーク機器を提供

Next