ストラタシス、フルカラー3Dプリンタの新機種「Stratasys J826」を発表 価格を抑え導入のハードルも下げる

2020年2月19日、ストラタシス・ジャパン(以下、ストラタシス)は、PolyJet式(※)のフルカラー3Dプリンタ「Stratasys J826」を発表した。

「Stratasys J826」は2019年に発売した「Stratasys J850」を小型化した機種だ。「J850」とほぼ同等の性能を持ちながら、販売価格を「J850」の半分以下に抑えたという。価格を抑えることで、ユーザーの3Dプリンタ導入のハードルを下げることが狙いだ。

サイズを小型化し、価格を抑える

今回、ストラタシスが発表した「Stratasys J826」は、PolyJet式を採用した3Dプリンタ「J8」シリーズの最新機種である。

従来機種との最大の違いは、3Dプリンタ本体のサイズだ。2019年10月に発売した「J850」の寸法が490×390×200mmであるのに対し、「J826」は255×252×200mmと、小型化している。サイズを小さくしたことによって、例えばオフィス内の狭い場所にも3Dプリンタを設置することが出来る。

ストラタシス ノースアジアプロダクトソリューションズ部 小林俊亮氏
ストラタシス ノースアジアプロダクトソリューションズ部 小林俊亮氏

ストラタシス ノースアジアプロダクトソリューションズ部 小林俊亮氏は「基本的に「J850」と同等の品質・精度でありながら、ワークエリアを小さくして、求めやすい価格にした」と述べた。

マテリアルキャビネットについては、「J850」と同じものを採用している。材料については、最大7種類を同時に造形することが出来る。マテリアルキャビネットには、タッチスクリーン付きのワークステーションが組み込まれており、「GrabCAD Print」を使ってデザインから造形までを行う事が出来る。

「J826」は2月19日より予約を開始している。出荷は5月15日より順次行う予定だという。

オールインワンで、守備範囲の広い3Dプリンタを目指す

記者会見では、ストラタシス 代表取締役社長 片山浩晶氏が登壇し、「J826」を発売した背景を語った。

ストラタシス 代表取締役社長 片山浩晶氏
ストラタシス 代表取締役社長 片山浩晶氏

現在、3Dプリンタのトレンドは、試作品を作る用途から、モノを量産する用途へとシフトしつつあるという。一方でストラタシスの顧客は、試作のために3Dプリンタを利用するユーザーが中心である。

片山氏は「試作を中心に利用するユーザーに向けて、オールインワンで全てが出来る、守備範囲の広いプリンタを提供するために「J850」を開発した。今回の「J826」は、より求めやすく、広く使われることを目指して発売した」と述べた。

(※)PolyJet式:液状の光硬化樹脂を噴射し、紫外線を当てて硬化させる事で造形を行う方法

Previous

NeU、超小型脳活動センサーによりストレス軽減をサポートするアプリを開発

IoT人気記事ランキング|ソラコムの通信するエッジAIカメラなど[2/17-2/23]

Next