SB C&Sとホロラボ、3DCADやBIMのデータをAR/MR向けに自動変換する「mixpace」のHoloLens 2対応版を発売

「mixpace」はAR/MR技術を活用した3Dデータの可視化を行いたいという法人ユーザー向けにサービスを提供している。

3DCADやBIMで作成したデータをAR/MR対応デバイスで確認が可能な3Dモデルに変換できる。活用範囲は、主に設計や製造、建設、配置シミュレーション、施工、保守などで、これまで手作業で何日もかかっていた、AR/MR向けの変換作業が、Webページにアップロードすることで自動的に完了するため作業時間の短縮が見込める。

SB C&S株式会社と株式会社ホロラボは、「mixpace」のHoloLens 2対応版を2020年3月2日に発売する。

HoloLens 2対応版の新機能は、以下の3つだ。

  • 視野角が従来デバイスと比較し大幅に向上し、より大きな表示寸法の可視化が容易になる
  • 直感的な操作UIにより表示した3Dモデルの操作性が向上し、現実空間での位置合わせが容易になる
  • 3DCAD、BIMデータのAR/MR向け変換処理が高速化する
Previous

フジタとセンシンロボティクス、「SENSYN DRONE HUB」を活用した安全巡視・土木測量の機能検証を実施

ソラコム、コンシューマー向けeSIMデータ通信サービス「Soracom Mobile」の提供を開始

Next