ソラコム、コンシューマー向けeSIMデータ通信サービス「Soracom Mobile」の提供を開始

2020年2月21日、ソラコムは海外旅行者・出張者に向けた、iPhone・iPad向けeSIMデータ通信サービス「Soracom Mobile」の提供を開始した。

「Soracom Mobile」は、iOSアプリを利用して、プリペイドのデータ通信プランを購入し、iPhone・iPadに内蔵されているeSIM(※)にプランをインストールする事が出来るサービスだ。物理的なSIMカードの差し替えをする必要が無く、データ通信プランの購入からインストールまでの手続きを、アプリの操作で済ませる事が出来る。

ソラコムがコンシューマー向けに通信サービスを提供する事は、今回の「Soracom Mobile」が初である。

データ通信プランの購入からインストールを一括で行う

「Soracom Mobile」のサービスを利用できる端末は、eSIMを内蔵したiPhone・iPadである。サービスの利用方法は以下の通りだ。

アプリを利用したデータ通信購入からインストールまでの流れ
アプリを利用したデータ通信購入からインストールまでの流れ

まずユーザーは、app storeからアプリ「Soracom Mobile」をダウンロードする。次にアプリを立ち上げ、データ通信プランを選択する。プランは「北米プラン」「ヨーロッパプラン」「オセアニアプラン」の3種類がある。

上記のプランを選択し、Apple IDによるアカウント登録を行った後、ユーザーは支払い方法を選ぶ。支払い方法は「Apple Pay」と、クレジットカード決済の2種類がある。

支払いが完了した後、アプリの画面に「eSIMをインストールする」と書かれたアイコンが表示される。このアイコンをタッチすると、利用しているiPhone・iPadに内蔵されたeSIMに通信プランがインストールされる。

アプリ1つで、海外旅行者・出張者の悩みを解消する

今回の「Soracom Mobile」は、海外旅行もしくは出張を行うユーザーを対象に、プリペイドの通信プランを購入する際の悩みを解消する、という狙いがあるという。

ソラコム 代表取締役社長 玉川憲氏(トップ画像)は、海外におけるWi-Fiルーターの持ち歩きや、空港におけるSIMカード購入の行列といった、海外渡航時の通信サービスにおける不便な点を挙げた。

その上で玉川氏は「「Soracom Mobile」を利用すれば、アプリ1つで簡単に通信プランを購入できる」と述べた。

eSIM内蔵デバイスの増加を見込んだ、新規事業としての位置づけ

ソラコムが、コンシューマー向けのeSIMデータ通信サービスの提供に取り組む背景には、eSIM内蔵デバイスの増加が見込まれている事があるという。

ソラコム 玉川氏は「eSIMを内蔵したデバイスの台数は、2018年においては3億6千万台だった。それが2025年には20億台まで伸びる、と予測したレポートがある」と述べた。

そのような背景をもとに、ソラコムでは「Soracom Mobile」を新規事業として位置づけ、新たなマーケットの拡大に取り組んでいくという。

ソラコム 玉川氏は「現時点において、最新のiPhoneを使ってeSIMのサービスを利用する顧客はイノベーターであり、アーリーアダプターである。そのような顧客に向けて「Soracom Mobile」を提供する事によって、eSIMのサービスにおいて何が必要なのか、といった事をより一層理解していきたい」と語った。

※eSIM:端末に組み込まれたSIMのこと。物理的な抜き差しが出来るSIMと、eSIMを利用することで、2つの通信プランを同時に利用することができる。

Previous

SB C&Sとホロラボ、3DCADやBIMのデータをAR/MR向けに自動変換する「mixpace」のHoloLens 2対応版を発売

デジタルツインやVRの事例から考える製造業での3Dモデルの活用ー3DEXPERIENCE World 2020 レポート3

Next