ジェイテクト、製造業マッチングクラウドサービス「ファクトリーエージェント」を分社化

株式会社ジェイテクトでは、町工場の廃業、技術承継問題、サプライチェーン崩壊、日本のモノづくりの国際的な競争力の低下等の社会課題に対して、同社がこれまで培ってきた「軸受、工作機械・メカトロ事業で蓄積された豊富な技術・情報」「知見を蓄えた調達ネットワーク」「生産技術、生産管理の知見」を活用することで、プラットフォーマーとして新しい形の産業クラスターを再構築し、モノづくり社会へ貢献するためにファクトリーエージェントを立ち上げた。

同事業では、板金・プレスなどの部品加工を依頼したい「顧客(発注者)」と、部品加工を請け負いたい「パートナー企業(受注者)」を、独自ネットワークとプログラムでマッチングして、製造業のモノづくりを支援する。

今回、同事業を分社化し新設会社として4月1日に株式会社ジェイテクトFAを設立する。ジェイテクトFAは、ジェイテクトとは独立した組織として「顧客」「パートナー企業」を開拓し、事業を拡大するとともに、事業領域に則したIT人材やエキスパート人材を採用し、マッチング精度向上などのサービスの充実を推進する。さらには加工領域を、板金・プレスから切削・研削などに広げ、ジェイテクトの工作機械・メカトロ事業とのシナジーを創出することも目指している。