IDEMIAとJAC、非接触型の指紋認証デバイスをサッカーJ2リーグ決勝戦のスタジアムで導入

IDEMIAが開発した非接触型指紋認証デバイス「MorphoWave Compact」は、手を認証機器にかざすと1秒以内に4本の指紋を認証することができ、混雑している環境下でもセキュリティが保たれたまま、導入側のスピーディーな対応を可能にする。

IDEMIAと日本エアロスペース株式会社は、このMorphoWave Compactの実証実験におけるパートナーシップをを結んでおり、日本での実証実験第一弾として、2019年末に開催されたサッカーJ2リーグ決勝戦 アビスパ福岡と鹿児島ユナイテッドの試合会場となったレベルファイブスタジアムで指紋認証アクセスを導入した。

同実証実験では、以下2通りの検証を行った。

  1. チケットレスかつハンドレスな入場
    事前登録した観客は、物理的なチケットが不要となり、非接触の指紋認証のみでスタジアムに入場できた。
  2. 2飲食物の受け取り
    スマートフォンからスタジアム内の売店に飲食物を注文し、準備ができてから非接触の指紋認証で本人確認をすることにより待ち時間なく商品を受け取ることができた。
Previous

Momo、レンタルでIoTのPoC実施を容易にする「Palette IoT PoCKIT」をリリース

ソフトバンク、位置情報をスマートフォンで簡単に確認できる「どこかなGPS」を発売

Next