ソフトバンク、位置情報をスマートフォンで簡単に確認できる「どこかなGPS」を発売

ソフトバンク株式会社は、子どもの見守りや大切な物の位置情報を確認できる、ZTE製の小型IoTデバイス「どこかなGPS」を、3月12日に発売する。「どこかなGPS」は、衛星測位システムの信号を受信する機能(GPS機能)を搭載した正方形の小型のIoTデバイスだ。スマートフォンにインストールした専用アプリを通して、離れた場所から「どこかなGPS」の位置情報を確認することができる。

本体は約34g、約4.7センチメートル四方の薄型軽量なデザインであり、防水(IPX7)と防じん(IP6X)に対応している(※)。また、GPSに加え、GLONASSや準天頂衛星「みちびき」のGPS補完に対応しており、より広い範囲でGPS等の測位が可能だ。Wi-Fiや携帯電話基地局を組み合わせて利用することで、GPSなどの衛星の電波が届かない屋内・地下でも測位することができる。

測位は、3分間隔などで自動的に測位をする他、本体中央のボタンを押すと、その時点の位置情報が専用アプリに通知される。専用アプリでは、最新の位置情報を表示する機能や、あらかじめ指定したエリアから出入りしたことをメールで通知する機能、3日分の移動履歴を残す機能など、保護者が安心して子どもの見守りができる機能が備わっている。

「どこかなGPS」は、本体と2年間の通信料金を合わせて1万2,000円(税抜き)で、3年目以降は月額400円で利用できる。なお、「どこかなGPS」は、ソフトバンク回線の利用者以外の顧客でも使用可能だ。

※防水IPX7とは、常温で水道水、かつ静水の水深1mのところに同製品を静かに沈め、約30分間放置後に取り出したときにGPS機器としての機能を有することを意味する。防じんIP6Xとは、直径75µm以下の塵埃(じんあい)が入った装置に本製品を8時間入れて攪拌(かくはん)させた後、同製品の内部に塵埃が侵入しない機能を有することを意味する。同製品の防じん性能はIP6X相当の保護度合いを保証するものであり、砂浜の上に直接置くなどの使用方法に対して保証するものではない。

Previous

IDEMIAとJAC、非接触型の指紋認証デバイスをサッカーJ2リーグ決勝戦のスタジアムで導入

ソフトバンクの5Gサービスは3/27日から、新サービスも発表

Next