凸版印刷、AI機械翻訳を活用した製薬業界向け翻訳サービスを販売

製薬業界では、複数の国が共同で治験を実施する「国際共同治験」や新薬承認申請を欧米と同じ資料をベースに実施する「世界同時申請」が主流となり、高品質・高速・低コストな翻訳へのニーズが高まっている。

このような中、凸版印刷株式会社は、製薬業界向け翻訳サービス「PharmaTra(ファーマトラ)」を4月から販売する。同サービスは、凸版印刷が提供する多言語翻訳サービスのノウハウを活用して、自動翻訳に精通したシステム開発会社であるマインドワード株式会社、医薬専門の翻訳会社である株式会社アスカコーポレーションの協力のもと開発した。

同サービスには、「機械翻訳サービス」と「ポストエディットサービス」の2種類のメニューがある。

  • 機械翻訳サービス
    国立研究開発法人情報通信研究機構(以下、NICT)と総務省が共同で推進する翻訳バンクの一環として、世界の大手製薬会社の日本開発部門責任者の団体であるR&D Head Club(RDHC)の8社から提供された300万文対を超えるコーパスから深層学習で構築したAI機械翻訳を活用する。コーパスとは、原文と訳文を対にして蓄積したデータベースのことだ。

    加えて、実用的な臨床開発用語集を搭載することで、新薬開発関連文書を中心とした製薬文書に特化している。翻訳バンク構想へ賛同する製薬会社からの過去訳集約を継続的に進めることで、翻訳エンジンの精度を継続的に高めていく。

  • ポストエディットサービス
    機械翻訳を実行した後に、機械翻訳の特性を理解した医薬専門のポストエディターによる校正を連携したサービス。高品質な翻訳を短納期で納品することができる。加えて、フォーマット編集や過去訳管理など顧客の環境に合わせて個別に最適な翻訳フローを提案、提供することも可能だ。

また、利用料金は定額制で機械翻訳が「文字数」「ユーザー数」無制限で使用可能なプランで、コストを気にせず翻訳を行うことができる。製薬会社が契約をした社外翻訳依頼先も使用することができるため、社内利用から新薬開発に至るまで、製薬業界における翻訳業務全体を効率化する。

凸版印刷は、今後、特に専門性の高い翻訳ニーズの高まる金融・化学・エネルギー業界・学校などをはじめとしたさまざまな業界・分野に特化した翻訳サービスの展開を目指すとした。

Previous

DNPの学習支援プラットフォーム「リアテンダント」、AIで小学校の評価テストを自動集計・ビッグデータを蓄積・分析するモデルを開発

マクニカネットワークス、デバイス可視化とコントロールを行うForescoutの全ソリューションを提供

Next