コニカミノルタとNEC、ローカル5G活用によるDXを推進するため連携を強化

2019年12月、総務省は、日本国内で5Gの電波を携帯電話事業者以外にも免許を割り当てる「ローカル5G」を制度化した。ローカル5Gを活用することで、企業や自治体は、セキュアで安定した超高速通信可能な専用ネットワークをニーズに応じて柔軟に構築でき、様々な産業でデジタルトランスフォーメーション(以下、DX)が起きると期待されている。

このような中、コニカミノルタ株式会社と日本電気株式会社(以下、NEC)は、画像IoT/AI技術、働き方、ヘルスケア、ものづくり領域で5Gを活用したDXを推進するため、パートナーとして協業すると発表した。

協業活動の第一弾として、2020年10月竣工予定のコニカミノルタ開発拠点「Innovation Garden OSAKA Center」高槻新棟(トップ画像参照)で、NECがコア、基地局、端末などの5Gネットワーク機器を提供し、ローカル5G検証環境を整備する。この環境を使用して、コニカミノルタの持つ画像IoT/AI技術とオフィス機器や医療機器など様々なアセットの融合や、NECの5G、AI技術などとの融合によって、産業光学システムや医療機器、オフィス機器の高付加価値化を実現し、Society5.0の実現やSDGsの達成に貢献する。

またローカル5G環境を整えた「Innovation Garden OSAKA Center」は、オープンラボとして共創パートナーと一緒に進める研究開発の場を提供し、業界や規模を問わず連携するとした。

Previous

Moxa、デバイスへのリモート接続に適した産業用LTEゲートウェイ「OnCell3120-LTE-1シリーズ」を発表

NEC・JAIST・サイバーリスク情報センター、リカレント人材を対象にIT/IoTセキュリティ人材育成プログラムを開発

Next