NEC、顔認証決済や商品案内用サイネージの視聴時間測定の実証をセブン-イレブンの実験店舗で開始

日本電気株式会社(以下、NEC)は、株式会社セブン-イレブン・ジャパン(以下、セブン-イレブン)が店舗の課題解決を目的に、2019年12月に東京都千代田区でリニューアルオープンした実験店舗「セブン-イレブン麹町駅前店」で、顔認証決済や商品案内用サイネージの視聴時間測定の実証を開始する。

昨今、顧客のライフスタイルや嗜好は変わり続けており、求められるコンビニエンスストア像も絶えず変化している。株式会社セブン-イレブン・ジャパン(以下、セブン-イレブン)は、時代に求められる店舗の形を追求するため様々な企業とともに、2019年12月に東京都千代田区にリニューアルオープンした実験店舗「セブン-イレブン麹町駅前店」での実験を行っている。

日本電気株式会社(以下、NEC)ではこれまで、同店舗に設備の稼働管理や棚定点観測サービスを提供してきた。今回新たに顔認証決済と商品案内用サイネージの視聴時間測定システムを提供し、実証を開始する。概要は以下の通り。

  • 顔認証決済(セブン‐イレブン社員限定)
    2020年3月16日から、セブン-イレブン社員向けにNECの顔認証AIエンジン「NeoFace」を活用した顔認証決済の実証を開始する。利用者は、専用端末を用いて事前に顔画像やクレジットカード情報、確認用コードを登録し、セルフレジ支払い時に顔と確認用コードの2要素を認証することで、簡単でセキュアに決済ができる。

    NECは、2018年12月から、セブン-イレブン三田国際ビル20F店でNECグループ社員向けに顔認証決済の実証実験を行っており、今後は、一般客への展開や、更なる利便性・セキュリティの向上に向け、顔と虹彩を組み合わせた認証の活用を検討する。

  • 商品案内用サイネージの視聴時間測定
    2020年5月中旬から、店舗内にある商品案内用サイネージの視聴時間測定の実証を開始する。離れた場所から人の視線の向きを高精度に検知できるNECの「遠隔視線推定技術」を活用し、商品案内用サイネージに設置したカメラ映像から人の視線を検知し、映像から推定した年齢・性別ごとにサイネージの視聴時間を可視化する。

    これにより、商品案内の注目度などの効果測定を支援する。なお、カメラ映像データは即時に破棄されるため、個人を特定可能な情報は保存されない。

Previous

大阪府住宅供給公社・KCCSなど、Sigfoxを活用した高齢者見守りサービスの実証実験を実施

STマイクロエレクトロニクス、STM32マイクロプロセッサの性能向上と開発エコシステムの拡充を発表

Next