NTTデータ、公共機関のデジタル化を推進するマルチクラウドソリューションを提供開始

近年、政府において、クラウドサービス活用の流れが加速している。官庁をはじめとした公共機関においても、デジタル技術を活用する流れが進む一方で、さまざまなクラウドサービスの提供形態や広範囲なサービス内容があり、最適なサービスの選択が難しい状況となっている。

こうした状況を受けて、株式会社NTTデータは、官庁および自治体等の公共機関のデジタル化を推進するマルチクラウドソリューション「Digital Community Platform」を、2020年3月16日より提供開始する。同サービスは、公共機関業務そのものをデジタル前提で見直すデジタルガバメントの実現を目指しているという。

同サービスは公共機関に対して、混在するさまざまなインフラ環境において最適なサービスを提供するクラウド基盤のマネージドサービスである。公共機関のニーズに合わせたクラウドサービスの選択、導入から運用までシステムの稼働、データ利活用の機能提供が特長だ。パブリッククラウドやプライベートクラウド、オンプレミス環境を適材適所に活用可能にするほか、AWSやMicrosoft Azure等のクラウドサービスの利用も可能である。

今後、デジタル技術を活用した分析、オフィスツール、クラウドサービスへの認証等の搭載を予定しているという。

Previous

IHI・日本総研・OKIなど、センサーと自動運転車両の協調による「住宅地における路車間通信」の実証実験を開始

三菱電機、ガス・水道メーターとつながるセンサーネットワーク向け電池駆動無線端末「BLEnDer ICE」を開発

Next