NTTドコモ、「5G総合実証試験」を実施

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)では、昨年度に引き続き、総務省の令和元年度5G総合実証試験の取り組みとして、2019年10月から2020年3月の期間、5Gを活用した12の実証試験と超高速移動環境における電波伝搬特性の測定を実施した。

これは、総務省が昨年実施した「5G利活用アイデアコンテスト」の上位入賞を果たしたアイデアをもとに37の自治体、企業、大学などの各パートナーと協力して、さまざまな地域課題の解決に貢献する5Gのユースケースの実現性を検証するものである。

ドコモが実施主体となり総務省から請け負った試験グループGⅠ「屋外環境において複数基地局、複数端末の環境下で平均4-8Gbpsの超高速通信を可能とする第5世代移動通信システムの技術的条件等に関する調査検討」では、4.5GHz帯および28GHz帯の5G無線装置を用いた医療・介護/観光/労働力/教育/モビリティの5つの応用分野におけるサービス・アプリケーションの実証試験を全国各地で実施した。

  • 医療・介護
    1. 5Gを活用した高度遠隔移動診療に関する実証試験
      高性能な医療機器を搭載した移動診療車と共に派遣された医師が5Gを介して遠隔地の専門医の助言を得ながら行う遠隔診療の実証
    2. 5Gを活用した救急搬送高度化に関する実証試験
      救急搬送時における救急車・ドクターカー・救急病院に加えかかりつけ医を含めた複数拠点での、5Gを介した情報連携に関する実証
    3. 5Gを活用した高精度顔認証およびセンサによる見守り・行動把握に関する実証試験
      介護施設において5Gを介した映像伝送により、来訪者の顔認証を活用し、アレルギーなどを通知する禁食アラートや摂食量の自動計測に関する実証
  • 観光
    1. 5Gを活用したリアルタイムクラウド編集・中継ソリューションに関する実証試験
      遠隔地からのカメラ映像を5Gを介して「ドコモオープンイノベーションクラウド」上に構築されたクラウド中継ソリューションへ伝送する実証
    2. 5G×BodySharingを活用した沖縄県の観光振興に関する実証試験
      カヤックロボットシステムによる5Gを介した高精細映像に加え、水の抵抗や重さの感覚、カヤックの傾きなどをリアルタイムに遠隔地へ伝送する実証
  • 労働力
    5Gを活用した高技能工員の労働安全確保に関する実証試験
    造船所のクレーンの運転台から死角となる場所の高精細映像を5Gを介して運転台に表示することによる安全な作業環境の実現に関する実証
  • 教育
    5Gを活用した伝統芸能の伝承(遠隔教育)に関する実証試験
    伝統芸能である地歌舞伎における細かな所作などの演技指導を、双方向の4K高精細映像を5Gを介して伝送し、複数の教室で同時に実施する実証
  • モビリティ
    5Gを活用した音の視覚化による生活サポートに関する実証試験
    スマートグラスを利用し、5Gを介して周囲の音の情報をサーバに送信し視覚化した情報を通知することによる、聴覚障がい者向けの生活支援サービスの可能性に関する実証

またドコモは、NTTコミュニケーションズが実施主体となった試験グループGⅡ「移動時において複数基地局、複数端末の環境下で平均1Gbpsを超える高速通信を可能とする第5世代移動通信システムの技術的条件等に関する調査検討」にも参画しており、4.5GHz帯と28GHz帯の5G無線装置を活用して、電車や除雪車などを想定した移動体に対する無線アクセスに関する試験を行い、以下4つの応用分野での実証試験を実施、超高速移動環境での電波伝搬測定を実施した。

  • モビリティ
    5Gを活用した濃霧の中での運転補助に関する実証試験
    赤外線を用いて熱を可視化できるサーマルカメラと画像認識を活用し、視界不明瞭な濃霧の中でも車線や前方の車両を運転手が認識可能な、運転支援システムの可能性についての実証
  • 防災・減災
    5Gを活用した地下鉄安全確保支援に関する実証試験
    鉄道の地下駅において5Gを介した映像伝送と画像解析を活用した車両内や駅ホームにおける異常検知および通知による安全確保支援の実現に関する実証
  • 行政サービス
    5Gを活用した雪害対策(除雪作業の効率化)に関する実証試験
    除雪車の位置や除雪状況の映像をリアルタイムに伝送することによる、自治体職員の負担軽減、除雪車運転手のスキルアップなどの実現に関する実証
  • 地場産業
    5Gを活用したゴルフ場でのラウンド補助に関する実証試験
    ゴルフ場でのリアルタイム映像伝送およびボールの落下位置推定などによる、新しいゴルフ体験およびプレーの回転率向上の実現に関する実証

以下は、試験パートナー一覧(順不同)である。

サン電子、CBCクリエイション、中部日本放送、CBCテレビ、愛媛大学、愛媛県、住友重機械搬送システム、浅川造船、仙台放送、ソニービジネスソリューション、前橋市、ICTまちづくり共通プラットフォーム推進機構、前橋赤十字病院、前橋市医師会、前橋市消防局、前橋工科大学、日本電気、和歌山県、

和歌山県立医科大学、東京女子医科大学、H2L、沖縄ITイノベーション戦略センター、SOMPOホールディングス、NTTコミュニケーションズ、ミライト、富士通、長野京急カントリークラブ、伊藤忠テクノソリューションズ、富士通ビー・エス・シー、阪神電気鉄道、永平寺町、パナソニック、ジビル調査設計、大分県、オートバックスセブン、大分交通、日本電信電話

Previous

クボタとマイクロソフトが戦略的提携、デジタルトランスフォーメーションを推進

トヨタとダイナミックマップ基盤、自動運転用HDマップ更新の実証実験を開始

Next