ソニーグループ、AI活用の運転特性連動型自動車保険「GOOD DRIVE」を共同開発

ソニー株式会社、ソニー損害保険株式会社(以下、ソニー損保)とソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社は、AIを活用した運転特性連動型自動車保険「GOOD DRIVE」を共同開発し、ソニー損保より、本日から販売を開始した。

同自動車保険は、スマートフォンの専用アプリで、運転の仕方に応じて変化する運転特性データを計測し、計測データと事故との相関から事故リスクの度合いを「運転スコア(100点満点)」で推定した上で、事故リスクが低いドライバーに保険料の最大30%をキャッシュバックする保険サービスだ。ここでは、「アクセル、ブレーキ、ハンドル、スマートフォンの操作状況」を「運転特性」と称している。

運転特性データの計測と事故リスクの推定にはそれぞれ、専用アプリとクラウドコンピューティング環境の双方に搭載した独自のAIアルゴリズムが用いられている。アルゴリズムはソニーのR&Dセンターが開発した。

このAIアルゴリズムは、スマートフォンの加速度センサーやジャイロセンサー、GPSから得られたデータを元に、運転中のスマートフォンの置き場所に関係なく運転特性データを計測する。また、走行中の車内でスマートフォンの位置が変わっても高精度に計測することができる。

事故リスクは、計測された保険契約中の全運転特性データをクラウドコンピューティング環境に集約し、ソニー損保が保有する事故データと関連づけて作成した予測モデルによって算出される。算出された事故リスクは、専用アプリを通じて、被保険者であるドライバーに通知される。加えて、事故リスクを低減させるためのアドバイスが、個々の運転特性に応じて提示される。

なお、開発時のデータ収集や、専用アプリに搭載されるAIアルゴリズムのソフトウェア実装開発は、ソニーのR&Dセンターとソニーネットワークコミュニケーションズが担当している。

同保険サービスの販売に先駆けて行った実証実験では、事故リスクを15.3%低減させるという結果(※)が出ており、実際にドライバーの行動に変化が起きることを確認している。

※ 運転スコアと運転アドバイスをスマートフォン上に提示することで得られた結果。

Previous

パナソニック、AIネットワークカメラ3機種・拡張ソフトウェア2種を発売

DNP、VR店舗でリアルグッズの販売を促進する「バーチャルショールーミングストア」をオープン

Next